注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs

立川志の春の「落語で英語」第22回

らくには、よくさけみがとうじょうします。らくにとっては、おいしそうにさけようや、ひどくぱらったひとおおとら)などをこわいろやしゃべりかたえてえんじるところが。どんなおおとらになるのかも、らくによってちがいます。(「Newsがわかる2023年7月号」より)

【英文】

Thoughドウ the title ofタイローオヴ thisディス storyストーリー isイズ “Cat Troubleキャッチュラボー”, it’s notイッツナッ reallyリアリー about aアバウラ catキャッ. It’s about aイッツァバウラ sotソッ, orオア a drunkardヂュランカード.
Kumaくま returnsリターンズ from aフロマ holidayホリデー morningモーニン bathバッス toトゥ seeスィー hisヒズ next-doorネクスドア neighborネイバー tryingチュライイン toトゥ throwトゥロー awayアウェイ a seaスィー bream’sブリームズ head andヘデン tailテイオ. Sheシー tellsテオズ himヒム that it’sダリッツ herハー cat’sキャッツ leftoverレフトーヴァー.
Heヒー goesゴーズ homeホーム with theウィッダ fishフィッシュ, andエン covers itカヴァーズィッ with aウィダ wooden lidウデンリド, with itsウィディッツ head andヘデン tailテイオ sticking outスティッキナウッ, whichウィッチ makes itメイクスィッ lookルック like an entireライカネンタイア fishフィッシュ. Justジャス thenデン, hisヒズ friendフレン comes overカムズォーヴァー andエン sees itスィーズィッ. Delighted thatディライテッダッ theyデイ canキャン shareシェア the fishフィッシュ overオーヴァー sakeさけ, heヒー goes out toゴーザウットゥ purchaseパーチェス a bottleバーロー. Whenウェン heヒー comesカムズ backバック, Kumaくま decidesディサイズ toトゥ put theプッダ blameブレイム onオン hisヒズ neighbor’sネイバーズ catキャッ forフォー stealingスティーリン the fishフィッシュ. Havingハヴィン heard thatハーッダッ, hisヒズ friendフレン goesゴーズ out againアウラゲン sayingセイイン “myマイ head’sヘッズ filledフィオド with thatウィッダッ fishフィッシュ!” Inイン theディ endエン, Kumaくま drinks upドゥリンクサップ theディ entireエンタイア bottleバーロー ofオヴ sakeさけ.

【和訳】
 「ねこさいなん」というだいめいですが、じっさいねこというよりはおおとらさけみ)のはなし

 きゅうじつあさからもどってきたくまさん、りんじんがタイのあたまとしっぽをてようとしているのをにする。くと、ねこのこしだとのこと。

 それをもらい、うちでタイのからだ)のぶんのふたでかくすと、まるでまるごとのタイのようにえる。そこへちょうどあそびにやってきた(としうえの)ゆうじんあにぶん)、タイをべながらさけめるとおおよろこびでさけいにってしまう。かたないのでくまさん、かえってきたあにぶんにタイのとなりねこぬすまれたと(うその)わけをする。それをいたあにぶん、「おれはもうあたまなかがタイでいっぱいなんだ!」といながら、タイをいにおもてる。するとこんくまさん、おさけをみんなしてしまう。

 「ねこ災難さいなん」のはなし英語えいご表現ひょうげんする日常にちじょう会話かいわ使つかえるセンテンスがたくさんあります。とく大事だいじなものをていきましょう。

 ふたのしたおおきなタイがまるごと1ぴきあるとおもんだあにぶんさけいにとき「ウロコもちゃんとっておけよ」くまさんにいます。 それにたいしてくまさんは「うん、ぜんぜんもんだいないよ!」こたえます。それはそうです、もないんですから、ウロコがあるはずがありません。

 ふくすいぼんかえらず、の。せっかくさけってきたのに、タイがとなりねこられてしまったといて、あにぶんくまさんがかけること。「どのくちでそれをうか」というせりふではありますが、よく使つかわれるフレーズです。ほんえいでほぼおなまわしながら、みずとミルクがちがうというのがおもしろいですね。

 2あにぶんがタイをってかえってくると、くまさんがぱらってかおをしています。「おれあいだんだんだろう!」とわれたくまさんは「ちがうの、んだんじゃないの。(ねこびんたおされて)たたみにこぼれたおさけったの!」とこたえます。そしてじょう「おさけというものはむよりもほううね」ということつづきます。だいきなせりふです。

 えいばんねこさいなん」のげ(オチ)のせりふです。「これまでおまえってたことはみんなうそじゃねえか!」「いや、うそじゃないよ、ちょっとインチキなだけ」というかんじです。さかなFishフィッシュと、あやしい、うさんくさい、というFishyフィッシーがかかっています。

 いっせつによると、ねこほんはいってきたのはいまから2000ねんほどまえ弥生やよいだいだったそうです。だいにおいてもねこというのは、いぬならんでにんげんのよきあいぼうでした。

 ただねこあいじゅんすいなペットというよりも、ネズミ退たいというじつようてきやくわりたいされていました。のうなどではかいこをネズミからまもるためにねこったり、「ねこ」という、ねこをおまじないでっていたりしたそうです。このはなしねこびょういにタイをもらえたのも、それだけだいそんざいだったからかも。

あわせてもう!