人口減少時代に必要とされる交通インフラを【起業家から君へ】

話を聞いたひと 岡井大輝(おかい だいき)さん Luup代表取締役

週刊エコノミストで連載中の「挑戦者2021」。優れたアイデアや斬新なサービスで世の中を良くしようとする企業の取り組みを紹介しています。本サイトでは、誌面で紹介された「挑戦者」たちがどんな子どもだったのかを聞きました。※エコノミストオンライン「挑戦者2021」はこちら

小型モビリティーで人々の足支える

電動キックスケーターや電動アシスト自転車など、小型モビリティーのシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開しています。

 電動キックスケーターの利用者は運転免許証の提出が必要です。その上でスマートフォンのアプリで予約を行い、目的地を設定すれば利用することができます。目的地に着いたら、停車した機体の写真を撮影し、駐車スペースからはみ出ていないことを当社で確認できれば利用完了となります。

 初乗りは10分で税込み110円、以降は1分当たり16.5円が加算されます。今後は月額制の導入も検討しています。現在までに渋谷や丸の内、銀座などの東京都心、横浜や大阪にサービスを導入しました。

 競合との違いは、乗る前に目的地を設定することで、各駐輪場のキャパシティーを超えない仕組みにしている点です。例えば15台分のスペースに、40台が止まっていたら、景観が損なわれますよね。ループではその心配がないので、マンションやオフィスでも安心して利用できます。

 現在、電動キックスケーターは実証実験中です。道路交通法上では小型特殊自動車としての扱いで、ヘルメットの着用は任意、速度については最高で時速15キロメートルとなっています。ルールが複雑なので、利用前には10問の道路交通法テストを受験する必要があります。

こどもの頃はどんな性格でしたか?

友だちと一緒にいるのが好きで、面倒なことが嫌いな子どもでした。

■こどもの頃によく読んでいた本があれば教えてください。

「生物と無生物のあいだ」という本をよく読んでいました。

仕事をしていてよかったこと、大変だったことを教えてください。

よかったことは仕事が人生の生きがいになったことです。大変なことは、やらないことを決めることです。

■子どもたちにメッセージをお願いします。

ぜひ楽しいと思うことを極めてください!(聞き手=齋藤 信世 ・エコノミスト編集部)