直近のSNS情報から口コミサイトまで安価に提供【起業家から君へ】

話をきいたひと 武田 浩和(たけだ ひろかず)さん アラームボックス代表取締役CEO

週刊エコノミストで連載中の「挑戦者2022」。優れたアイデアや斬新なサービスで世の中を良くしようとする企業の取り組みを紹介しています。本サイトでは、誌面で紹介された「挑戦者」たちがどんな子どもだったのかを聞きました。※エコノミストオンライン「挑戦者2022」はこちら

取引企業の信用情報をAI(人工知能)で収集・解析する与信管理サービス「アラームボックス」。手軽な価格で導入できるとして、中小企業を中心にニーズが伸びている。

主な事業内容は、AI(人工知能)を使った与信管理のクラウドサービス「アラームボックス」の開発・提供です。SNS(交流サイト)や口コミサイトなどインターネット上にある情報をAIが収集・解析し、企業間取引において取引相手が信用できる相手かどうか、取引額の限度額はどの程度が妥当か、などを調べることができるサービスです。

料金体系は3種類あり、一番安いプランで月額2800円(税抜き)からあります。また、オプションサービスとして、500円で反社会的勢力に関する情報を取得できるサービスなども展開しています。

 昨今のコロナ禍で、取引先の未払いや連鎖倒産の増加が懸念されています。過去の決算情報だけでなく、SNSに載っている情報などをリアルタイムで収集し、提供することで企業は迅速な判断が可能になります。現在までに5000社に導入しました(2022年5月末時点)。金融機関や製造業、卸売業、ITサービス業などが多く利用しています。今後5年以内には顧客を10万社まで拡大したいです。

■こどもの頃はどんな性格でしたか?

1人でいるのがあまり好きではなく、また、周りの人と違った行動をすることが嫌いでした。大人になってからは、なぜか真逆の性格になっています。

■こどもの頃によく読んでいた本があれば教えてください。

あまり読書をする習慣はありませんでしたが、伝記は好きでした。ジョージ・ワシントンや野口英世など歴史上の偉大な人物が、多くの困難を乗り越えて成功していくストーリーが楽しくて、自宅に置いてあったシリーズを全巻読みました。
また、マンガが好きだったので少年誌はもちろん、日本や世界の歴史なども全部マンガで学びました。

■仕事をしていてよかったこと、大変だったことを教えてください。

自分ひとりだけでは出来ないことも、たくさんの人たちの協力を得ながら、サービスを創(つく)ったり、販売したりして、会社や人が成長していくのがうれしいです。

一方で、社員が増えたときに自分の考えがうまく全員に伝わらなかったり、計画通りにいかなかったりすることがあると、大変だと感じます。ただ、年齢を重ねるごとに自分の考えや計画をみんなにうまく伝えられていると感じます。

子どもたちにメッセージをお願いします。

私が大切にしている言葉に「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」があります。思案ばかりして行動を起こさなければ、決して成果を得ることは無いと考え、大事なことは思い切って行動に移してきたことで、今の自分があります。
夢や目標、成し遂げたいことなどがあれば、ぜひそれを行動に移して努力を続けて欲しいと思います。大変なこともあるとは思いますが、きっと皆さんにとって輝かしい未来につながっていくと信じています。