【ニュースがわかる2024年7月号】巻頭特集は「沸騰」する地球の未来

手を洗わせる【良家の子育て】

 子どもは外でいろいろなものをベタベタとさわってしまうので、よそのお宅へおじゃまする際は手の汚れも気になります。しかし、お招きした側から「手を洗ってきてくれる?」とはなかなか言い出しにくいもの。たとえそれほど汚れてはいなくても、おじゃまする側から「手を洗わせてもらっていいかしら?」と申し出るようにしてください。

 その際、もちろんタオルをお借りしてもよろしいのですが、「手洗いの後は、自分のポケットからハンカチを出して拭く」という癖づけをしたいときには、タオルが用意されていても自分のハンカチで拭かせましょう。

  (『良家の子育て』第6章「およばれ・訪問」より) 

次回は1月6日配信予定です

 書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

「育ちがいい子」「品がいい子」はいったい何が違うのか? 具体的にお父さま、お母さまは何をしたらいいのか? どんな言葉をかけると伝わりやすいのか?

 本書では、「育ちがいい子」のふるまいやマナーを身につけるコツを名門小学校などのお受験指導のプロが初めて公開しています。本サイトの電子書籍にもラインアップされています。

著者:諏内えみ

「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室」代表。皇室や政財界を始めとするVIPアテンダント指導などを経て、スクールを設立。豊富な経験に基づき、本物のふるまいや会話、上質なマナーの指導を行う。

本書のほか、『「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)や『もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)のベストセラーをはじめ、『世界一美しいふるまいとマナー』(高橋書店)、『一流女性のあたりまえ』(扶桑社)など著書多数。最新刊は『大人の若見せを叶えるしぐさとふるまい 一瞬で見た目が下がるアンチエイジング・メソッド』(大和書房)、『ディズニープリンセス 幸せをつかむマナー』(諏内えみ・監修、KADOKAWA)。