注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs
【ニュースがわかる2024年5月号】巻頭特集は10代のための地政学入門

「めんこいな」って、どこのお米?【ニュース検定「入門編」】

 米作りが盛んな地域は、どこか知っていますか? 「日本のすがた2021」(矢野恒太記念会編集・発行)をもとにした、「米収穫量(2020年度)のトップ10」は下記です。カッコ内は主な銘柄の例です。

第1位 新潟県(コシヒカリ、こしいぶき)

第2位 北海道(ななつぼし、ゆめぴりか)

第3位 秋田県(あきたこまち、めんこいな)

第4位 山形県(つや姫、はえぬき)

第5位 宮城県(ひとめぼれ、ササニシキ)

第6位 福島県(コシヒカリ、天のつぶ)

第7位 茨城県(コシヒカリ、あきたこまち)

第8位 栃木県(コシヒカリ、なすひかり)

第9位 千葉県(コシヒカリ、ふさこがね)

第10位 青森県(青天の霹靂、つがるロマン)

 (「2021年度版ニュース検定公式テキスト&問題集『時事力』入門編(5級対応)」より)

次回は3月3日に配信予定です

書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

 「ニュース時事能力検定試験」(略称、ニュース検定)は、ニュースを読み解く力を多くの人に身につけてほしいと、日本ニュース時事能力検定協会(養老孟司・名誉会長)や毎日教育総合研究所、各地の新聞社が共催して、年4回実施しています。

 1級~5級まで6段階ありますが、5級は主に小学生対象。5級対応の「公式テキスト&問題集『時事力』入門編」は、「エネルギー資源と電力」「国の政治、地域の政治」など16のテーマについて、「基本のことば」「確認テスト」「練習問題」の3段階で学べ、時事問題の基礎固めにぴったりです。尚、5級の検定問題の約6割は、同書から出されます。(編集部)