【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

G20サミットがインドで開催 ロシアへの直接的非難避けた宣言

しゅよう20カこくいきしゅのうかいジー20サミット)が9がつここのからふつかん、インドのしゅニューデリーでひらかれました。(「Newsがわかる2023年11月号」より)

 しゅのうせんげんは、ロシアによるウクライナしんこうひょうげんをめぐるたいりつからさいたくあやぶまれていましたが、ロシアへのちょくせつてきなんけてごうすることをゆうせんし、れいしょにちでのはっぴょうとなりました。

 しゅのうせんげんはロシアをねんとうに、おおくのくにさんどうしやすいこくれんけんしょうげんそく沿って「すべてのくにが、りょうかくとくのためのりょくによるかく(おどし)やこう使つつしまなければならない」とうたういっぽうさくねんのバリ・サミット(インドネシア)のしゅのうせんげんにあった「たいはんめいこくがウクライナでのせんそうつよなんした」といったことまれませんでした。

 また「ウクライナにおけるせんそうあくえいきょう」をけているものとしてかいしょくりょうやエネルギーのあんぜんしょうなどをげましたが、「こうしたじょうきょうについてことなるけんかいひょうがあった」とロシアがわしゅちょうみました。ちょうこくのインドは、グローバルサウス(みなみはんきゅうちゅうしんとするしんこうこくじょうこく)がちょくめんするウクライナしんこうの「えいきょう」をろんちゅうしんにするせんりゃくをとりました。

主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)   アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ、ロシア、サウジアラビア、トルコ、イギリス、アメリカの19カ国と、欧州連合(EU)の首脳が参加して毎年開催される国際会議。

G20代表団を歓迎するモディ印首相の顔写真入りの看板=インドの首都ニューデリーで2023年9月8日

上記画像をクリックすると「Newsがわかる2023年11月号」にジャンプします。
有料会員の方は電子書籍でご覧いただけます。