【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

日本とアメリカ 首脳会談
「抑止力強化」などで合意

岸田文雄首相はバイデン大統領と会談しました。岸田さんのワシントン訪問は2021年10月の就任後初めてです。会談ではどんなことが話し合われたのでしょうか?(「Newsがわかる2023年3月号」より)

 岸田文雄首相は1月13日(日本時間14日未明)、アメリカの首都ワシントンのホワイトハウスでバイデン大統領と約2時間会談しました。

 相手国のミサイル基地への反撃能力や防衛費増額など、防衛力を強める日本の姿勢をバイデンさんはたたえました。2人は日本とアメリカ両国の同盟関係により、「抑止力」(相手国に攻撃を思いとどまらせる力)や事態に対応する能力を強める方針で合意しました。

 また、ロシアによるウクライナ侵攻を「不当かつ残虐な侵略」と非難したほか、「台湾海峡の平和と安定の重要性」を再確認し、中国情勢について日本とアメリカで連携を強める方針で合意しました。

 2人は共同声明を発表し「世界のいかなる場所でも(侵略などによる)一方的な現状変更の試みに強く反対する」と強調。5月に広島で開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)の成功に向けて連携する方針も申し合わせました。岸田さんのワシントン訪問は2021年10月の就任後初めてです。

上記画像をクリックすると「Newsがわかる2023年3月号」にジャンプします。
有料会員の方は電子書籍でご覧いただけます。