注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs

ノーベル賞 コロナワクチンの研究者に

2023ねんのノーベルしょうが10がつはっぴょうされ、せいがくがくしょうはアメリカ・ペンシルベニアだいがくのカタリン・カリコとくにんきょうじゅ(68)とドリュー・ワイスマンきょうじゅ(64)の2人ふたりまりました。2019ねんまつはっせいしたしんがたコロナウイルスのかんせんなどをおさえる、メッセンジャー(m)アールエヌエーワクチンのはやかいはつのうにしたけんきゅうたかひょうされました。(「Newsがわかる2023年12月号」より)

感染かんせん重症化じゅうしょうかおさえる

 しんがたコロナワクチンに使つかわれるmアールエヌエーというぶっしつには、ウイルスひょうめんの「スパイクたんぱくしつ」のせっけいとなるじょうほうじんこうてきふくまれています。これをせっしゅするとからだなかでスパイクたんぱくしつつくられ、めんえきからだはいったウイルスや細菌さいきんなどをつけ、のぞ仕組しくみ)ができます。

 おなじスパイクたんぱくしつつウイルスがからだはいると「てき」とみなしてこうげきし、しんがたコロナのかんせんふせいだりじゅうしょうしにくくしたりします。

アメリカ・ファイザー社製の新型コロナワクチン

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。