注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs

ロシアの軍事侵攻の背景にNATO 「ニュース検定」がわかりやすく解説

新聞、ニュースでよく見聞きする時事問題やワードを「ニュース時事能力検定」がわかりやすく解説します。

 ロシアによる侵攻の背景には、アメリカや西ヨーロッパの国々などによる世界最大の軍事同盟「北大西洋条約機構(NATO)」の存在があります。

 NATOは冷戦中の1949年、「西側」の国々がソ連(現在のロシアなど)に対抗して結成しました。冷戦終結後は東ヨーロッパの国々も加盟し、NATOの勢力がロシア方面に迫りました。

 ウクライナは未加盟ですが、ヨーロッパとロシアの間にあり、歴史的にもロシアとつながりが深い国です。このためロシアは、NATO に近づくウクライナの動きを特に警戒してきました。

 ウクライナの政権が2014年、ロシアに近い勢力からアメリカや欧州連合(EU) に近い勢力に代わると、ロシアは、ロシア系住民が多く住むウクライナ南部のクリミア半島を一方的に併合。以降、軍事衝突が続いてきました。

 プーチン大統領は、2022年に始まった今回の軍事侵攻について、ロシア側が支配する地域のロシア系住民の「保護」を掲げて正当性を主張しました。

 一方、フィンランドとスウェーデンがNATO への加盟を申請。ロシアに対抗する勢力の拡大が見込まれます。

(『2023年版ニュース検定 公式テキスト&問題集「時事力」基礎編(3・4級対応)』より)

次回は4月1日に配信予定です。


 書影をクリックすると本の通販サイト「Amazon」のサイトにジャンプします


ニュース検定とは?

画像をクリックすると「ニュース時事能力検定試験」公式HPにジャンプします

 「ニュース時事能力検定試験」(略称、ニュース検定)は、ニュースを読み解く力を多くの人に身につけてほしいと、日本ニュース時事能力検定協会(養老孟司・名誉会長)や毎日教育総合研究所、各地の新聞社が共催して、年3回実施しています。 
 1級~5級まで6段階ありますが、4級は主に中学生以上、3級は中高校生以上が対象です。3・4級対応の『公式テキスト&問題集「時事力」基礎編』は、「脱炭素社会への道のり」「社会保障のこれから」「核兵器と向き合う世界」など22のテーマについて、グラフや図解を多用して最新ニュースをわかりやすく解説しています。また、「時事力Basic」でそもそもの基礎知識を身につけることができます。 

 4級と3級の検定問題は四つの選択肢から一つを選ぶ方式。各45問の約6割はこの本から出題されます。 

次回の検定はいつなの?

 「ニュース検定」で次回の検定日や、お近くの試験会場などご覧いただけます。 

「ウクライナ侵攻がわかる」 ニュース検定 特集ページ公開 

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻について、2022年2月末から約3カ月間の動きをまとめた特集ページを、日本ニュース時事能力検定協会が公式サイトに特別に公開しています。

https://www.newskentei.jp/question.php