子どもの話が聞き取りづらい[滑舌が悪い・早口]

子どもの滑舌が悪い場合、どうしたら治るのでしょうか。原因は様々ですが、滑舌が悪いと話が聞き取りづらいのはもちろん、友達からからかわれて傷ついたり、本人が過剰に気にしすぎて自分の殻に閉じこもってしまうこともあります。
 そこで、話し方に関する幅広い知識や技能が身に付くと定評があり、10代の学生からビジネスマン、さらにアナウンサーやリポーター、司会業といった「喋りのプロ」と呼ばれる方も合格を目指す「日本話し方検定」の協会公式テキストである『 話力1日10分 集中講義』(毎日新聞出版)から、滑舌の主な原因と対策についてご紹介します。

 話や言葉が聞き取りにくいか、聞き取りやすいかは、滑舌が関係しています。いまでこそ、お笑いの、ツッコミなどでも使われていますので「滑舌」という言葉は、一般的になりました。

 滑舌とは、発音や発声の良し悪しを表す言葉です。滑舌が悪いと、印象や説得力も損なうばかりでなく、相手に話が伝わらず、誤解や聞き違いが生じます。滑舌が良いと、印象や説得力も増し、相手に話が伝わるのです。

 滑舌は簡単なトレーニングで改善できます。滑舌が悪い人の原因は、主に4つあります。

①舌の筋力が弱い。
②口の動きが小さい(口の中が狭い)。
③早口。
舌小帯短縮症ぜっしょうたいたんしゅくしょうなどがあげられます。

 では、ここからは、この4つの滑舌改善ポイントをお伝えいたします。

①舌の筋力が弱い

 舌の筋力が弱いことの対応として、舌の筋肉を鍛える手段はいくつかあります。そのひとつが「文章の音読」なのです。しかしながら、一朝一夕で滑舌が改善されるわけではないので、他の練習方法(舌筋トレーニング等)も実践しながら文章を音読することが有効です。

②口の動きが小さい(口の中が狭い)

 口の動きが小さい(口の中が狭い)ことの対応として、「口の開け方」をお伝えします。あくびをするときのように、鼻の穴も大きく、鼻息が流れ、口の中が広く開いていることが大切です。
 日本語の母音は5つですが、母音によって口の中の形を変えると、喉に負担がかかりやすい状態をつくっているのです。

 つまり、口の中を広く開けて、口の中に大きな空間をつくるイメージの「お」の母音の口の形をしっかりと意識することで、より相手に聞き取りやすく、響きのある届く声になります。

③早口

 早口の対応として、自分の話している言葉を録音して聞くことが有効です。
録音した言葉を聞くことにより、自分の話すときのスピードが良くわかり、落とし込みができることにより、意識が付くので、より早く改善されます。

④舌小帯短縮症などがあげられます

 舌小帯短縮症の対応として、専門的分野になりますので、「然るべき専門機関への相談が望ましい」といえます。

 このように、原因がどこにあるかを明確にして対応すると、より滑舌改善に近づきます。まずはどこに原因があるか、を確認してみましょう。

紹介した本はコチラ

タイトル:
「わかる」でなく「できる」になる
話力1日10分集中講義

著者:日本話し方協会
出版社:毎日新聞出版
定価:1,540円

全国書店、毎日新聞販売店でお買い求めいただけます。

書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

著者プロフィール

一般社団法人 日本話し方協会(にほんはなしかたきょうかい)

 学生から社会人の人材価値を高めることを目的とし、話し方の幅広い知識や技能を総合的かつ相対的に評価する協会。その活動の代表である『話力検定』は、話力レベルの確認はもとより、社会的な評価基準として対外的に強いアピールポイントとなる。ストレスの少ない対人関係を築き、人的ミスを改善し、一人ひとりが生き抜く力と生きる喜びを得て社会生活をより豊かにすることを目指している。

「話力検定」公式ホームページ: https://waryokukentei.jp/