子どもが作文好きになる5つの心得②【ニュースがわかるの本棚】

考える力は学力の基本。学力を上げるには「作文」がいいと言います。早稲田大学大学院で「文章表現」の講義を7年間担当したコラムニスト・近藤勝重さんの著書『書く子は育つ 作文で〈考える力〉を伸ばす!』から一部を抜粋して「子どもが作文好きになる5つの心得」をご紹介します。

【前回の記事】子どもが作文好きになる5つの心得〈その1〉

正しいことは決して正しくない

子どもが95点の算数のテストを持って帰ってきました。その時、親が「100点、何人いたの?100点取らないとね」と言ってはダメなんです。

言っていることは正しいとしても、正しいことは決して正しくないんです。

「頑張ったね」「たった一つしか間違えなかったね」とほめてやることが、次の 100点につながります。 子どもの作文に先生がいろいろと赤ペンを入れていたとしても、「お母さんには、ここが面白いように思えるけどね」など言われると、子どもは「次は頑ろう」という気になるものです。

『書く子は育つ』が読める他、大人も子どもも読んでためになる厳選された書籍が楽しめます。

「子どもが作文好きになる5つの心得」の続きは明日10時に配信されます

紹介した本はコチラ

タイトル:
書く子は育つ
作文で〈考える力〉を伸ばす!
著者:近藤勝重
出版社:毎日新聞出版
定価:1,210円

全国書店、毎日新聞販売店でお買い求めいただけます。

書影をクリックすると本の通販サイト
「honto」のサイトにジャンプします

著者プロフィール

近藤 勝重(こんどう・かつしげ)

コラムニスト。毎日新聞客員編集委員。早稲田大学政治経済学部卒業後の1969年毎日新聞社に入社。早稲田大学大学院政治学研究科のジャーナリズムコースで「文章表現」を出講中、親交のあった俳優の高倉健氏も聴講。毎日新聞では論説委員、「サンデー毎日」編集長、専門編集委員などを歴任。夕刊に長年、コラム「しあわせのトンボ」を連載中。『書くことが思いつかない人のための文章教室』、『必ず書ける「3つが基本」の文章術』など著書多数。コラムや著書の一部が灘中学校をはじめ中高一貫校の国語の入試問題としてよく使用され、わかりやすく端正な文章には定評がある。TBS、MBSラジオの情報番組にレギュラー出演し、毎日新聞(大阪)では「近藤流健康川柳」を主宰している。(この書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)