【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

進化が止まらない冷凍食品

ニュースがわかる2023年3月号

4月号の巻頭特集は「冷凍食品」。
冷凍技術が食生活を劇的に変えている現状をリポートします。

<巻頭特集>知りたい! 冷凍食品
技術の進歩で、レストランなみのおいしい冷凍食品が手に入るようになりました。
家庭用冷凍食品の生産量が過去最高となり、街中の自動販売機も増えています。
冷凍技術とはどのようなものか、どんな進化をとげているかを調べました。

「単品でご購入はコチラ」をクリックすると雑誌のオンライン書店「株式会社富士山マガジンサービス」の購入ページにジャンプします

「本誌を試し読み」をクリックすると本誌の内容一部がご覧いただけます。


<ニュース特集>
ウクライナ侵攻から1年
ロシアがウクライナに侵攻して1年が過ぎました。
ウクライナで亡くなった市民は8000人以上、両軍の死者は十数万人ともされます。これほどの悲劇を招きながら、いまだに戦争が終わる兆しが見えません。

日本銀行の仕事
次の総裁が内定し、注目を集めている日本銀行(日銀)。
日本でただ一つの中央銀行で、金融政策の中心的役割を果たしています。
意外に知られていない日銀の仕事をわかりやすく説明します。

新型コロナ「5類」でどうなる
日本で初めて新型コロナウイルス感染症が確認されて3年がたちました。
世の中が日常を取りもどしつつある中、新型コロナの法律上の位置づけが
5月から「5類」となります。何が変わるのでしょうか。

4世紀のなぞ解く銅鏡と鉄剣
奈良市の富雄丸山古墳から銅鏡と長大な鉄剣が見つかりました。
いずれも見事なできばえで、古墳時代前期の日本の技術の高さを証明しました。
当時の記録が残っていない4世紀のなぞを解くカギになりそうです。

日本人と桜
花見のおこりは奈良時代、貴族が梅を見て歌をよんだことといわれています。
平安時代になると人々は桜をめでるようになり、美意識をつちかってきました。
桜の名所は全国各地にあり、今も私たちの心をなぐさめてくれます。

好評連載「小一郎も知りたい」より 
「うるう秒」廃止へ
地球の自転速度と標準時刻とのずれを調整するため、
1日を1秒長くする「うるう秒」が2035年までになくなることになりました。
システム障害の原因になると、廃止を求める声が強まっていました。

ほかに、次のようなニュースを載せています。
トルコ・シリアで大地震/基地周辺で有機フッ素化合物/囲碁の仲邑三段、13歳で女流棋聖に/広域強盗事件でフィリピンから容疑者移送、逮捕

◇お電話で雑誌のご購入ご希望の方は「ブックサービス」まで

上のバナーをクリックすると「ブックサービス」につながります。