12月号の巻頭特集は恒例の「重大ニュース」

12月号の巻頭特集は恒例の「重大ニュース」。
今年の大切なニュースを整理しましたので、ぜひご活用ください。

本誌はおもに小学校5年生~中学生向けですが、
全部の漢字に読みがなを振ってあるので、低学年の方もお読みになれます。
豊富なまんが、写真、図、グラフがお子さまの理解を助けます。

<巻頭特集>2022年 重大ニュース
今年もさまざまなニュースが世界をかけめぐりました。
ロシアのウクライナ侵攻、安倍晋三元首相の銃撃死亡など、
衝撃的な出来事も多々ありました。
そこで2022年の重大ニュースを10本選び、1年を振り返るとともに、
ジャーナリストの池上彰さんに話を聞きました。

「単品でご購入はコチラ」をクリックすると雑誌のオンライン書店「株式会社富士山マガジンサービス」の購入ページにジャンプします

「本誌を試し読み」をクリックすると本誌の内容一部がご覧いただけます。


<ニュース特集>
紅葉のふしぎ
木の葉が黄や赤、オレンジに色づく秋。
日本人は紅葉に季節の移ろいを感じ、その美しさに心をおどらせてきました。 それにしても、なぜ夏まで緑色だった葉が色とりどりに変わるのでしょうか。

ローカル線の今とこれから
地方を走るローカル鉄道は沿線人口の減少や新型コロナウイルスの感染拡大で、
乗客減に歯止めがかからないピンチが続いています。
それでも移動の足を守りたいと、あの手この手の打開策が行われています。

北朝鮮のミサイル 日本を通過
北朝鮮が弾道ミサイルを続けて発射し、国際社会が警戒を強めています。
10月4日には青森県の上を通りこしたミサイルが岩手県沖に落下しました。
北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過したのは2017年9月以来です。

独裁とたたかいノーベル平和賞
今年のノーベル平和賞に、ベラルーシの活動家と
ロシア、ウクライナの団体が選ばれました。
いずれも独裁政権におさえつけられた社会で、
人権を守るためにたたかい続ける勇気ある人たちです。

西九州新幹線「かもめ」開通
西九州新幹線の武雄温泉駅~長崎駅間が開通しました。
日本一短い全長66キロですが、おしゃれなデザインで、魅力がいっぱい。
白と赤の車体「かもめ」が地域の人々の夢を乗せて走っています。

ほかに、次のようなニュースを載せています。
アメリカ留学の高校生射殺事件から30年/ライバル社の営業秘密不正入手の疑いで社長逮捕/アメリカに大型ハリケーン/中国・習総書記が3期目へ

◇お電話で雑誌のご購入ご希望の方は「ブックサービス」まで

上のバナーをクリックすると「ブックサービス」につながります。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。