ランドセル 人気の色は?

小学生の通学かばん、ランドセル。昔はランドセルの色といえば、男の子は黒、女の子は赤が主流でしたが、今は、色もデザインもとても多くの種類があります。

最近は、何色が人気なのでしょうか。かばんメーカーでつくる団体、日本鞄協会ランドセル工業会の「ランドセル購入に関する調査2021年」の結果によると、購入したランドセルの色の上位5位は次の通りでした(2021年4月に小学校に進学する児童がいる男女1500人が回答)。

Q. 購入したランドセルの色は?

〈男の子〉

1位 黒……61.2%

2位 紺……16.9%

3位 青……10.6%

4位 緑……3.7%

5位 こげ茶……1.6%

〈女の子〉

1位 紫/うす紫……21.5%

2位 赤……21.1%

3位 桃……19.3%

4位 水色……11.4%

5位 うす茶……9.0%

今も黒や赤が上位ではありますが、それ以外の色を選ぶ子どもも多いことがわかります。それは、「男の子・女の子はこうあるべき」という、性別による固定化されたイメージをなくそうと、世の中が変化していることのあらわれです。こうした、性別の違いによるイメージの押し付けや区別をなくそうとする考え方を「ジェンダーレス」といいます。

「自分が好きな色を自由に選ぶことが当たり前」になってきている今、ジェンダーレスなランドセルは年々増えています。たとえば、以前は茶や紺などの濃い色は男の子向けでしたが、今は女の子向けも多いほか、上品な印象のうす茶(キャメル)も男女問わず人気です。また、落ち着いた雰囲気の「くすみカラー」や、銀色、白、黄色など、男女どちらでも使える色とデザインも増えています。色だけでなく、タブレット端末を入れるポケットがついたものなど、時代に合わせて使いやすさも進化しています。

人気のタイプは早く売り切れることもあるため、ランドセルを選ぶ時期は年々早まっています。今は小学校入学の約1年前からカタログなどで選び始め、5月から8月にかけて買う人が多いようです。2023年度入学の小学生向けランドセルも同じで、最初のピークはゴールデンウィークなのだとか。自分がランドセルを買ってもらった頃と比べて、「今のランドセルは変わったなぁ」と思っている人もいるかもしれません。じっくり選んだランドセル、卒業まで大事に使いたいものですね。(編集部)