ラグビーを見よう やろう 楽しもう

ニュースがわかる2022年2月号より

冬はラグビーの季節です。学生や社会人のチームが日本一を争う大会が開かれ、ファンの注目が集まります。2023年にはワールドカップ(W杯)がフランスで開かれ、2019年の母国開催で初めてベスト8入りした日本代表のさらなる飛躍が期待されます。寒さを吹き飛ばす熱いプレーが魅力のラグビーを、見て、やって、楽しんでみませんか。

ジャパンラグビー リーグワン開幕

―――人気、競技力アップ目指し

 社会人ラグビー最高峰の「トップリーグ」が2022年1月、「ジャパンラグビーリーグワン」に生まれ変わりました。2019年W杯日本大会での日本代表の活躍で高まったラグビー人気をよみがえらせ、競技力を高めるのが狙いです。


 新リーグは1部12チームと2、3部各6チームの3部構成です。1部はA組とB組の各6チームに分かれ、同じ組内のリーグ戦と別の組のチームとの交流戦で各チームが計16試合を戦い、上位4チームがトーナメントで王者を争います。

2023W杯フランス大会

―――日本は1次リーグD組

4年に1度、世界一を争う第10回W杯は2023年9〜10月にフランスで、20チームが参加して開催されます。日本は1次リーグで、前回大会準優勝のイングランド、南米の強豪アルゼンチンなどと同じD組に入りました。5チームの中で上位2チームに入り、ベスト8による決勝トーナメントに進めるか。ジャパンの真価が問われる戦いになります。

この記事をもっとくわしく知りたい人は、バックナンバーも電子書籍で読めるプレミアム会員(490円)がお得!詳しくはこちら

紙で読みたい人はこちら