注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs

さまざまな改憲テーマ 「ニュース検定」がわかりやすく解説

 新聞、ニュースでよく見聞きする時事問題やワードを「ニュース時事能力検定」がわかりやすく解説します。

 憲法改正(改憲)のテーマは、「9条」や「緊急事態条項」以外にもたくさんあります。

  自民党は2018年、改憲案として4項目を挙げました。そのうち二つが「自衛隊の明記」「緊急事態条項の創設」で、残りが▽参議院議員選挙における選挙区の「合区」解消▽経済的な理由にかかわらず教育を受けられるようにする「教育の充実」――です。

 他の政党では、例えば日本維新の会が「教育の無償化」「憲法裁判所の設置」を改憲によって実現すべきだ、と主張しています。

 また、立憲民主党は「内閣総理大臣(首相)による衆議院の解散権」「臨時国会の召集期限」について議論を深める必要がある、との立場です。

 政党間で異なるのは、重視するテーマだけではありません。「改憲を急ぐべきか、焦らずじっくりと議論すべきか」といったスピード感もまちまちです。

 一方、共産党や社民党は「改正せずに今の憲法を守るべきだ」(護憲)と訴えています。

  (『2023年版ニュース検定 公式テキスト&問題集「時事力」基礎編(3・4級対応)』より)

次回は11月4日に配信予定です。


 書影をクリックすると本の通販サイト「Amazon」のサイトにジャンプします


ニュース検定とは?

画像をクリックすると「ニュース時事能力検定試験」公式HPにジャンプします

 「ニュース時事能力検定試験」(略称、ニュース検定)は、ニュースを読み解く力を多くの人に身につけてほしいと、日本ニュース時事能力検定協会(養老孟司・名誉会長)や毎日教育総合研究所、各地の新聞社が共催して、年3回実施しています。 
 1級~5級まで6段階ありますが、4級は主に中学生以上、3級は中高校生以上が対象です。3・4級対応の『公式テキスト&問題集「時事力」基礎編』は、「脱炭素社会への道のり」「社会保障のこれから」「核兵器と向き合う世界」など22のテーマについて、グラフや図解を多用して最新ニュースをわかりやすく解説しています。また、「時事力Basic」でそもそもの基礎知識を身につけることができます。 

 4級と3級の検定問題は四つの選択肢から一つを選ぶ方式。各45問の約6割はこの本から出題されます。 

次回の検定はいつなの?

 「ニュース検定」で次回の検定日や、お近くの試験会場などご覧いただけます。 

ニュース検定の問題に挑戦してみよう!

公式サイトで模擬問題や過去問題を公開しています。力試しをしてみましょう。

https://www.newskentei.jp/question.php