【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

自分の想いを伝えたいときに伝えることの大切さを物語を通じて学べた1冊[こども書評]

皆さんのおすすめの本をご紹介する「こども書評」。
ご応募いただいた数ある応募作品の中から一部ご紹介させていただきます。

ゆいかさん・12歳

おすすめの本『ラスト・ゲーム~バスケ馬鹿の君に捧ぐ』

わたしがこの本を推薦した理由は2つあります。

1つ目は、どんなに落ち込んでいても、友達が自分のために様々なことをして元気づけようとしてくれているところや、励ましの一言で絶望から抜けだすことができることを気付かされたからです。なのでわたしは困っている人や落ち込んでいる人がいたら、自ら率先して励ましの声をかけていきたいと思いました。


2つ目は、尊敬している人とケンカをしている時に突然その人が亡くなってしまい、謝りたくても謝ることさえできなくなってしまうところにとても感動したし、その主人公の気持ちになって考えると、とても悲しい気持ちになったからです。いつ大切な人が亡くなってしまうか分からないので、ケンカをしてしまった時にはちゃんと謝らないといけないということを改めて考えることができました。


最後にわたしが伝えたいことは、自分の思いは伝えたいときにしっかり相手に届けていかないといけないということです。

「最近読んでおもしろかった本」「私のとっておきの1冊」など、おすすめの本を教えてください。

【お知らせ】現在、「ニュースがわかる」編集部では、皆さまからのおすすめの本を大・大・大募集中です!
応募方法の詳細は「おすすめの本を教えて!こども書評大募集」の記事をご覧ください。

紹介した本はコチラ

タイトル:
ラスト・ゲーム~バスケ馬鹿の君に捧ぐ

著者:高倉かな
出版社:スターツ出版
定価:660円

全国書店等にてお買い求めいただけます

©スターツ出版

書影をクリックすると本の通販サイト
「honto」のサイトにジャンプします

著者プロフィール

高倉かな(たかくら・かな)

広島県在住。第二回日本ケータイ小説大賞にて『ラスト・ゲーム』でTSUTAYA大賞を受賞