ブックガイド「勇者たちの中学受験」

「ニュースがわかるオンライン」が選んだおすすめの本を紹介する「ブックガイド」コーナー。今回は発売忽ち4万部突破と、話題の『勇者たちの中学受験』(大和書房刊)をご紹介します。

 入試に向かう緊張感、 子どもの背中に感じる成長、 想定外に対する焦り、 PC画面に映し出される合格、 不合格通知、 そのときのリアクション、 親子の会話、 翌日の入試の選択、 SNSで知ってしまう友達の合格、 保険としての入学金支払い……

 中学受験最後の3週間、 そして、 人生で最も長い1週間といわれる入試本番期間中の、 中学受験生親子3組の濃密な心情を克明に描いた作品として、発売前から話題沸騰の衝撃作!

 中学受験の親、子の心情を疑似体験し、「中学受験とは何なのか?」が実感として理解できる本として、注目の1冊です。

(提供:大和書房)

紹介した本はコチラ

 書影をクリックすると本の通販サイト「Amazon」のサイトにジャンプします

勇者たちの中学受験
わが子が本気になったとき、私の目が覚めたとき

著者:おおたとしまさ 出版社:大和書房 定価:1,650円

本書の目次

エピソードI アユタ
エピソードII ハヤト
エピソードIII コズエ
解説

著者プロフィール

おおたとしまさ

育児・教育ジャーナリスト。 1973年東京生まれ。 麻布中学・高校卒業。 東京外国語大学英米語学科中退。 上智大学英語学科卒業。 株式会社リクルートで雑誌編集に携わる。 心理カウンセラーとしての活動経験、 中高の教員免許、 私立小学校での教員経験もある。 2005年に独立後、 育児誌、 教育誌、 旅行誌などのデスク・監修を務め、 現在は育児・教育・夫婦のパートナーシップなどに関する書籍やコラム執筆、 講演活動を行う。 ラジオレギュラー出演など、 各種メディアへの寄稿、 コメント掲載、 出演も多数。 著書は70冊以上。