【ニュースがわかる2024年7月号】巻頭特集は「沸騰」する地球の未来

中高一貫校に入ることはマストでない 和田秀樹の「受験の壁」 ㉝

首都圏を中心に年々過熱する中学受験。子供の数は年々減っているのに、受験生の数も中高一貫校も増え続けている。自身も中高一貫の灘から東大理Ⅲに進んだ和田秀樹氏は、中高一貫校の有利さを認めながらも、中学受験には向き不向きがあり、先々を見通せばマストではないという。(「サンデー毎日」23年4月16日号より)

ーー中学受験というのは、難関大学に入るための手段であって、目的ではない。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。