【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究

東田大志のきわめろ!! パズル道 第5回

日本で唯一のパズル研究者、東田大志さんがお届けする「きわめろ!! パズル道」。今回出題するのは「正方形を作れ」です。1人で、みんなで、挑戦してみよう!

 パズルの解き方

・○の中に1~3の数字を4つずつ(すでに入っているものも含めて)入れます。
・同じ数字を結んだ形が正方形(すべての辺の長さが同じ四角形)になるように残りの数字を入れる場所を考えてください。
・それぞれの正方形の大きさはバラバラでもOK。また、ナナメになる正方形を作っても大丈夫です。ただし、1つの○の中に2つ以上、数字を入れてはいけません。


 1~3の数字をそれぞれ見ていくと、まず3はどちらも角にあるので簡単に決まるのがわかります。

 2は3×3の正方形がすぐに思いつきますが、よく見ると1×1のナナメの正方形も作ることができます。このように複数の可能性があるものは後回しにしましょう。

 先に1を考えてみると……。正方形はナナメになりますね。1の正方形が決まれば、自然と2の正方形も決まります。

 今回の問題

 では今回の問題です。グッと難しくして、1~8の数字を入れて正方形を8つ作るパズルに挑戦してみましょう。パズルが完成したら、下から2段目の列の数字を、足し合わせてください。いくつになるでしょうか?

 答えは次のページで。(閲覧にはメールマガジンの登録(無料)が必要になります)

大きな画像はコチラ

東田大志(ひがしだ・ひろし)
1984年、兵庫県生まれ。パズル学の論文で京都大学大学院の博士号を取得。日本でただ一人のパズル研究者。

東田さんのホームページ(京大東田式パズル教室)
http://higashida-puzzle.galaxy.bindcloud.jp/

こちらの閲覧にはfujisanでのニュースがわかるメールマガジン登録が必要となります。
下記リンクより登録をお願いします

ニュースがわかるメールマガジン登録はこちら

また、登録がお済みの方は下記フォームよりログインしてください。