自動運転が普及すると……【ニュース検定「入門編」】

 自動運転が普及した時のメリットととして、どんなことが考えられるでしょうか。

・交通事故の9割超はドライバーのミスと言われています。システムが運転するので、事故が減ると期待されます。

・渋滞の原因は、不適切な加速や減速と考えられています。自動運転車なら常に適切な車間距離を保ち、すみやかに最低限のブレーキをかけるので渋滞が緩和すると考えられています。

・人口減少で、過疎地では路線バスや鉄道の廃止が相次いでいます。自動運転バスなら運転手の人件費などが不要になり、路線を継続しやすくなります。

  (「2022年度版ニュース検定公式テキスト&問題集『時事力』入門編(5級対応)」より)

書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

次回は1月19日に配信予定です 

 「ニュース時事能力検定試験」(略称、ニュース検定)は、ニュースを読み解く力を多くの人に身につけてほしいと、日本ニュース時事能力検定協会(養老孟司・名誉会長)や毎日教育総合研究所、各地の新聞社が共催して、年4回実施しています。

 1級~5級まで6段階ありますが、5級は主に小学生対象。5級対応の「公式テキスト&問題集『時事力』入門編」は、「エネルギー資源と電力」「コロナで変わる社会」「国の政治、地域の政治」など17のテーマについて、「基本のことば」「確認テスト」「練習問題」の3段階で学べ、中学入試で出題が増えた時事問題の基礎固めにぴったりです。

 5級の検定問題は四つの選択肢から一つを選ぶマークシート方式です。