注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs

内水ハザードマップって? 「ニュース検定」がわかりやすく解説

新聞、ニュースでよく見聞きする時事問題やワードを「ニュース時事能力検定」がわかりやすく解説します。

 近年の豪雨では、大規模河川の水が堤防を越える外水氾濫に限らず、内水氾濫による浸水被害も目立つ。

 内水氾濫とは「排水能力を超えた中小河川の水が市街地にあふれ出す」「都市で下水道の排水能力を超えた雨水がマンホールから地表にあふれる」――といった現象だ。2019年の台風19号では144市区町村で起き、川崎市では増水した多摩川から排水管を逆流した水がタワーマンション地下に流入、電気設備を不能にした。

 このため国土交通省は2019年以降、内水氾濫に備えたハザードマップを作るよう市区町村に求めている。だが2020年末の時点で、下水道による浸水対策を進める全国1071市区町村のうち、約6割は作っていなかった。精度によっては数千万円ともされる浸水シミュレーションの費用がネックになっているようだ。

  (『2022年度版ニュース検定 公式テキスト&問題集「時事力」基礎編(3・4級対応)』より)

次回は7月16日に配信予定です。


 書影をクリックすると本の通販サイト「Amazon」のサイトにジャンプします


ニュース検定とは?

画像をクリックすると「ニュース時事能力検定試験」公式HPにジャンプします

 「ニュース時事能力検定試験」(略称、ニュース検定)は、ニュースを読み解く力を多くの人に身につけてほしいと、日本ニュース時事能力検定協会(養老孟司・名誉会長)や毎日教育総合研究所、各地の新聞社が共催して、年4回実施しています。 
 1級~5級まで6段階ありますが、4級は主に中学生以上、3級は中高校生以上が対象です。3・4級対応の『公式テキスト&問題集「時事力」基礎編』は、「これからのエネルギー」「社会保障のこれから」「核兵器と向き合う世界」など21のテーマについて、グラフや図解を多用して最新ニュースをわかりやすく解説しています。また、「時事力Basic」でそもそもの基礎知識を身につけることができます。 

 4級と3級の検定問題は四つの選択肢から一つを選ぶマークシート方式。各45問の約6割はこの本から出題されます。 

次回の検定はいつなの?

 「ニュース検定」で次回の検定日や、お近くの試験会場などご覧いただけます。