生産者の顔を見て買おう【起業家から君へ】

話をきいたひと 高橋博之(たかはし ひろゆき)さん ポケットマルシェ代表取締役

週刊エコノミストで連載中の「挑戦者2021」。優れたアイデアや斬新なサービスで世の中を良くしようとする企業の取り組みを紹介しています。本サイトでは、誌面で紹介された「挑戦者」たちがどんな子どもだったのかを聞きました。

※エコノミストオンライン「挑戦者2021」はこちら

コロナ禍で外出の自粛が求められる中、生産者から直接、野菜や魚などの1次産品を買えるアプリが人気を集めている。

北海道から沖縄まで5900人の生産者が旬の食材を直接消費者に販売できる直販サイト「ポケットマルシェ(ポケマル)」の運営をしています。野菜や果物、酪農品から花まで、商品は約1万3000点に上ります。

消費者はポケマルのアプリをスマートフォンにインストールした後、生産者と直接やり取りしながら商品を購入できます。商品は注文後最短で2日後に届きます。生産者側の出店料、出品料は無料で、売上額の15%を販売手数料として当社に支払う仕組みです。

各生産者のページでは、農家になった理由や、生産物のこだわりを紹介しています。生身の生産者の思いを知ると、消費者にとっての食材の価値が変わるんです。例えば、スーパーに行けば普通は安い商品を選びますが、知り合いの農家が一生懸命作った野菜なら、言い値で買ってもいいと思うこともあります。どれだけ手間ひまかけて作ったかを知っているからです。

コロナ禍でポケマルの利用者数は急速に伸び、現在はコロナ前の2020年2月比で、7倍の37万人が利用しています。外出の自粛期間に、各地域の豊かな食材を使って料理したいという人が増えたのでしょう。

こどもの頃はどんな性格でしたか?

とにかく落ち着きのない子どもでした。

こどもの頃によく読んでいた本があれば教えてください。

日本人の伝記です。

仕事をしていてよかったこと、大変だったことを教えてください。

よかったことは、人に影響を与えて人生が変わったと言われること。大変だったことはお金のやりくりです。

子どもたちにメッセージをお願いします。

自分の心のコンパスに従って生きることが大事です。周りは気にせず、好きなことに時間をつかってください。そうすれば将来、自分の人生の舵を自分で握り、おもしろく人生を生きることができます。

(聞き手=斎藤信世 ・エコノミスト編集部)