【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究

東田大志のきわめろ!! パズル道 第1回

日本で唯一のパズル研究者、東田大志さんがお届けする「きわめろ!! パズル道」。今回出題するパズルは「〇△□プレース」です。1人で、みんなで、挑戦してみよう!

 パズルの解き方

・空いているすべてのマスの中に「○△□」のどれかの記号を入れましょう。
・マス目の上と左にある数字は、その列に○△□がそれぞれ何個ずつ入るかを表しています。例えば、とあれば、その列には○が3個、△が1個、□が2個入ります。


 例題は、まず縦の列の一番左と横の列の一番上に注目してみましょう。どちらもなので、○が1つと△が1つと□が2つ入ります。また、縦の列の右から2列目はなので、全部のマスが□になります。
 このように答えにたどり着くコツは、すぐにわかるところを見つけて解いていくことです。

 今回の問題

 では、いよいよ本番です。例題は4×4マスでしたが、少し難しくして6×6マスに挑戦してみましょう。グレーのマスに○はいくつ入るでしょうか?

 答えは次のページで。(閲覧にはメールマガジンの登録(無料)が必要になります)

大きな画像はコチラ

東田大志(ひがしだ・ひろし)
1984年、兵庫県生まれ。パズル学の論文で京都大学大学院の博士号を取得。日本でただ一人のパズル研究者。

東田さんのホームページ(京大東田式パズル教室)
http://higashida-puzzle.galaxy.bindcloud.jp/

こちらの閲覧にはfujisanでのニュースがわかるメールマガジン登録が必要となります。
下記リンクより登録をお願いします

ニュースがわかるメールマガジン登録はこちら

また、登録がお済みの方は下記フォームよりログインしてください。