【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究

カワイイをあなたに

ニュースがわかる2021年10月号より

 ハローキティなどを生み、「カワイイ文化」を世界に発信するサンリオ(本社・東京)の歩みを振り返る展覧会が9月17日から東京都内で開かれます。おばあちゃんにもお母さんにも愛されたキャラクターの秘密にせまります。

創業61年のサンリオ 人気キャラ次々と

 サンリオは1960年の創業以来、数多くのキャラクターをつくり、子どもにも大人にも愛されてきました。会社が始まったころには絹織物を中心に扱っていましたが、イチゴの柄をあしらった雑貨がヒットし、どこか誌的でかわいいキャラクターの開発に力を入れるようになりました。

 1974年にパティ&ジミーとハローキティを生み出し、次の年にはリトルツインスターズとマイメロディを誕生させました。いずれもサンリオを代表するキャラクターに成長し、今も多くの人たちに愛されています。

贈り物を通じ仲よくなって

 「サンリオのカワイイ文化は、贈り物を通じてときめいたり、仲よくなったりするためのツールを作るうちにはぐくまれました」と同社の高桑秀樹さん。つらい戦争体験を経た創業者の辻信太郎会長(93)が、友情や感謝を形にして贈り合えばみんな仲よくなれるはずと考えたことがはじまりです。愛らしいものをめでる「カワイイ」という感覚は世界共通。そんなキャラクターを広めれば、戦争はなくなるという信念にもとづいています。(編集部)※写真は©2021 SANRIO CO.,LTD.APPROVAL NO.SP610376

この記事をもっとくわしく知りたい人は、バックナンバーも電子書籍で読めるプレミアム会員(490円)がお得!詳しくはこちら

紙で読みたい人はこちら