【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究

アメリカ各地の大学生がデモ ガザ反戦 情報公開など要求

アメリカかくだいがくで、イスラエルによるパレスチナガザへのこうげきこうするデモがつづいています。(「Newsがわかる2024年7月号」より)

 ニューヨークでは4がつ30にちけいさつがコロンビアだいがくしきはいり、ガザでの「ぎゃくさつ」にこうするデモをつづけていたがくせいらのこうどうゆうせいげんだいがくがわようせいけ、たてものせんきょしたりテントをってまりんだりしていたがくせいらをしました。5がつついたちにはニューヨークりつだいがくで、200にんじょうわかものたちがだいがくがわじょうほうこうかいなどをもとめてこえげました。

 がくせいたちは、だいがくがイスラエルのぎょうやガザふんそうえきげているぎょうとうえきんでおかねすこと)して「ぎゃくさつ」をたすけているとして、じょうほうこうかいとうしたおかねげをようきゅうしています。

 だいがくとうきょくこうしょうつづけたグループのだいがくいんせいは「コロンビアだいがくせいめいよりもえきゆうせんし、せいがわがくせいたちをなんすることをえらんだ。このさきなんじゅうねんわすれられることはないでしょう」とかたりました。

 アメリカの大学 巨額の寄付金投資   アメリカの大学では卒業生や企業などから集まるたくさんの寄付金の一部を投資で増やし、授業料と補助金を合わせて大学を経営する柱にしています。コロンビア大学では、こうした方法で増やしたお金が約136億ドル(約2兆800億円)に達しています。

ニューヨーク市立大前で警察の出動を批判する学生=アメリカ・ニューヨークで5月1日

上記画像をクリックすると「Newsがわかる2024年7月号」にジャンプします。
有料会員の方は電子書籍でご覧いただけます。