【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究

能登半島地震 災害ごみ244万トン

いしかわけんはんとうでマグニチュード7.6のおおしんはっせいしてから4がつついたちで3カげつしんによってとうかいしたおくのがれき、でんといったさいがいはいぶつさいがいごみ)のしょおおきなだいとなっています。たいりょうさいがいごみのしょさいふっきゅうかせず、いしかわけんけんがいたいきょうりょくながらすすめていくことになります。しゅざいしました。(「Newsがわかる2024年5月号」より)

災害廃棄物(災害ごみ)   地震や台風、洪水などの自然災害によって発生するごみ。避難所や仮設トイレから出るごみも含む。短期間に大量に発生し、異なる種類のごみがまざり合っていることも多い。
すいけい244まんトン けんぜんたいの7ねんぶんこんねん

 いしかわけんは2がつまつこんねんかんさいがいごみのしょえることをけいかくをまとめました。さいがいごみはすいけい244まんトンにのぼり、けんぜんたいの7ねんぶんほくの2ちょうじまちょうあなみずまちおくともいう)では59ねんぶんにあたります。

 がいぜんたいじょうきょうはまだわからないぶんがありますが、けんない17ちょうけいまんむねぜんかいはんかいしたとすいけいし、そのうち2まん2000むねかいたいひつようになったあいさいがいごみのりょうけいさんしました。これを2026ねんがつまでにしょすることをします。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。