注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs
【ニュースがわかる2024年5月号】巻頭特集は10代のための地政学入門

震災復興 生まれ変わる街|関東大震災100年

関東大震災で破壊され、機能を失った首都圏で被害が特に大きかった東京や横浜の復興は、国が中心になって進めました。火災で焼失した約4500万平方メートルのうち約7割の土地を区画整理し、道路や橋、学校などの公共施設を整備して新しい時代の街並みをつくりました。(「Newsがわかる2023年9月号」より)

近代都市のプランナー  後藤新平

 首都・東京の復興計画をリードしたのは、国の事業を行う帝都復興院総裁になった後藤新平です。

 地方行政や建設、衛生などを担当する内務大臣でもあった後藤は東京を大きくつくり変える計画を立てましたが、焼失した土地を国が全部買い上げる案などはお金がかかりすぎるとして実現しませんでした。復興事業の規模は小さくなったものの、東京が近代都市に生まれ変わる道筋を作りました。

帝都復興院総裁を務めた後藤新平

月刊Newsがわかる特別編「後藤新平がわかる」

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。