【ニュースがわかる2024年7月号】巻頭特集は「沸騰」する地球の未来

明治神宮 100年の森

今から100年ほど前、ここは何もない原野でした。現在のように木々が生い茂るうっそうとした森になるまでに、どんな奇跡があったのでしょうか。(「Newsがわかる2023年8月号」より)

献木でつくられた人工林

 東京・JR原宿駅からすぐの場所に建つ明治神宮の南の鳥居。この大きな鳥居をくぐると、その世界はがらりと変わります。目の前に広がるのは、木々から大きく伸びた枝葉のアーチ。驚くほどしんとした、すがすがしい空気に包まれます。

 明治神宮は、明治天皇と皇后の昭憲皇太后をまつる神社。神社に欠かせない“鎮守の森(※)”をつくるために、日本中から約10万もの木が集められ造成されたのが、この明治神宮内苑の森です。森の設計などを担当したのが、東京大学の林学科教授の本多静六と、その弟子である本郷高徳と上原敬二でした。

※神社の参道や拝殿などを取り囲むようにしてある森のこと

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。