【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

子どもにどんどん語らせて【読書感想文】

 直木賞作家の島本理生さんが子どものころ、「図書館に行くのは楽しいことだ」とすり込まれたわけは――。

 島本さんと、読書感想文指導のベテランで小学校教諭の博田かおりさんが、読書に親しむようになるためのきっかけや、読書感想文の取り組み方について、毎日新聞社主催のオンライントークセッション「直木賞作家・島本理生さんと考える『読書感想文』」で語り合いました=写真上。左が島本さん、右が博田さん。お子さんが本好きになるためのヒントが幾つもあります。

優秀作品を参考にして

 博田さんは、「読書感想文の優秀作品を読むことも参考になるはず」とアドバイスしています。「考える読書」(毎日新聞出版発行)=写真下=は、昨年の青少年読書感想文全国コンクールの入賞作品を収録。小学校低学年の部、中学年の部、高学年の部の部門ごとの内閣総理大臣賞などを読むことができます。

ホームページでは課題図書おすすめチャート紹介

「青少年読書感想文全国コンクール」のホームページでは、今年の課題図書のおすすめチャートも紹介中。本選びに迷ったら、参考にしてください。

第67回青少年読書感想文全国コンクールの公式ホームページでは、課題図書や「感想文Q&A」なども紹介しています。

公式ツイッター(@dokusyokansobun)では、「 #感想文の思い出」も募集中です。