【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究

「オダイバ恐竜博覧会2024」はじまりました!

 5月6日(月休)まで「オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる-」が東京・台場のフジテレビ本社屋で開催されています。

 博覧会の見どころを、福井県立恐竜博物館主任研究員、福井県立大学恐竜学研究所教授の柴田正輝さん(監修統括)は「恐竜の魅力に触発されるような展示になっています。今回はフジテレビ社屋での開催ということで、博物館とはまた違った雰囲気で気軽に恐竜を見て、好きになってもらうことができるかなと思います。恐竜に興味を持ったら、ぜひ福井県立恐竜博物館も ご覧いただけたら」と話しました。

【第1会場】約12メートルあるティラノサウルスの生体復元ロボット(左)、角竜類のトリケラトプス・ホリダスの全身骨格(右)

 第1会場のテーマは、「恐竜って何だ⁇」。恐竜に似た生物から始まり、角竜類や竜脚類、鳥脚亜目など全身骨格10点以上と、迫力あるティラノサウルスロボットがお出迎え。恐竜に詳しくない人でも、聞いたことのある名前の恐竜たちがいます。

【第2会場】フクイラブトル・キタダニエンシス(上)、フクイサウルス・テトリエンシス(下)の全身骨格

 「恐竜研究最前線」をテーマにした第2会場では、福井県立恐竜博物館の研究員たちが、恐竜研究の始まりから、世界や日本の恐竜研究史などを紹介。また、国内でも有数の恐竜化石の産地である福井県で見つかった恐竜の最新情報もわかりやすく展示しています。

【第3会場】世界初公開のスピノサウルスロボット。半水生だったとする説をもとに、水中を泳ぐ姿を再現したもの

  第3会場は「王者の部屋」と題して、史上最大の肉食恐竜であるスピノサウルスや、北半球で捕食者の頂点に立ったティラノサウルスなどを紹介しています。スピノサウルスは、約15メートル(実物大)のロボットでお目見え。ワニに似た頭をしたスピノサウルスは、2020年に生活の大半を水中ですごしたという研究発表があり、ロボットは水中で泳ぐ姿を再現しています。

オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-
【会期】2024年3月20日(水・祝)~5月6日(月・休) ※会期中無休
【開催時間】10:00~18:00(最終入場17:30)
【会場】フジテレビ本社屋(所在地:〒137-8088 東京都港区台場2-4-8)
【料金】一般2200円/中・高校生1500円/3歳〜小学生1300円(税込)/3歳未満無料
【公式サイト】https://www.odaiba-dino2024.jp