土木偉人スタンプラリー【赤木正雄編】

蛇口をひねれば水が出て、都市に住んでいても新鮮な野菜を手に入れることができる。そんな暮らしの土台をつくっているのが「土木」です。今日11月18日は「土木の日」。
今日から13日間、毎日小学生新聞では道路や鉄道、都市計画や河川の付け替えなど日本各地でその土地の暮らしの土台をつくってきた「土木偉人」たちをご紹介しています。
ニュースがわかるオンラインでは、毎日小学生新聞では紹介しきれない土木偉人を【番外編】として特集します。

選んだ道は、「砂防一路」

赤木正雄は、富山県の常願寺川の立山カルデラにたまった土砂が下流の平野に流れおちないように、水や土砂の流れを調節するダムをつくりました。ここから日本の砂防は発展したのです。※イラスト:ささささデザイ

毎日小学生新聞では11月18~30日まで連日土木偉人を紹介!購読はこちらから。