あくびをすると、なぜ涙が出るの?

 あくびをすると、涙が出るのはどうしてでしょう。あくびをする時は、口が大きく開きますよね。涙が出る理由は、この時の顔の筋肉の動きと関係しています。

 涙は、目じりにある涙腺(るいせん)というところで作られます。まばたきをすると、そこから涙が少しずつ押し出されて、目をうるおします。
 涙は目頭(めがしら)に集まって、そこから鼻の方に流れていくので、普通は涙があふれてくることはありません。

 では、あくびをすると何が起こるのでしょう。
 口は大きく開いて目が閉じ、顔の筋肉が大きく伸び縮みします。この顔の筋肉の動きが、涙がたまった涙腺を刺激して、しぼり出されるように涙が出てくるのです。

 ただ普通に口を大きく開けただけで、涙は出てきません。
 あくびは、それだけ顔全体の筋肉を思い切り動かす動作だということなのですね。

(「ニュースがわかる」編集部)