【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

生物多様性とは? 「ニュース検定」がわかりやすく解説

新聞、ニュースでよく見聞きする時事問題やワードを「ニュース時事能力検定」がわかりやすく解説します。

 地球上では、さまざまな生き物がそれぞれの役割を担っており、ある生き物が別の生き物に食べられたり、逆に別の生き物を食べたりする食物連鎖の中で生きています。森林や土壌は、野生生物の生活サイクルによって保たれます。多様な生物がつながり合って存在する状態を「生物多様性」といいます。人間は、他の生物を食料、医療、科学などに利用しています。

 しかし、生物多様性は危機に瀕しています。これを守る国際ルールが1992年に採択された「生物多様性条約」です。多様な生物が生存する生態系を守ること▽生物種を減らさないように資源を利用すること▽遺伝資源(医薬品の開発に使われる微生物など)が生み出した利益を原産国にも配分すること――を掲げます。

 生物を守る国際ルールは他にもあります。水鳥の生息地として重要な湿地を保全するための「ラムサール条約」や、絶滅の恐れがある動植物の取引を規制する「ワシントン条約」などです。世界的な自然保護機関「国際自然保護連合」(IUCN) は、絶滅の恐れがある野生生物の種(絶滅危惧種)を調べ、レッドリストにまとめています。

   (『2022年度版ニュース検定 公式テキスト&問題集「時事力」基礎編(3・4級対応)』より)

次回は8月6日に配信予定です。


 書影をクリックすると本の通販サイト「Amazon」のサイトにジャンプします


ニュース検定とは?

画像をクリックすると「ニュース時事能力検定試験」公式HPにジャンプします

 「ニュース時事能力検定試験」(略称、ニュース検定)は、ニュースを読み解く力を多くの人に身につけてほしいと、日本ニュース時事能力検定協会(養老孟司・名誉会長)や毎日教育総合研究所、各地の新聞社が共催して、年4回実施しています。 
 1級~5級まで6段階ありますが、4級は主に中学生以上、3級は中高校生以上が対象です。3・4級対応の『公式テキスト&問題集「時事力」基礎編』は、「これからのエネルギー」「社会保障のこれから」「核兵器と向き合う世界」など21のテーマについて、グラフや図解を多用して最新ニュースをわかりやすく解説しています。また、「時事力Basic」でそもそもの基礎知識を身につけることができます。 

 4級と3級の検定問題は四つの選択肢から一つを選ぶマークシート方式。各45問の約6割はこの本から出題されます。 

次回の検定はいつなの?

 「ニュース検定」で次回の検定日や、お近くの試験会場などご覧いただけます。 

「ウクライナ侵攻がわかる」 ニュース検定 特集ページ公開 

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻について、2月末から約3カ月間の動きをまとめた特集ページを、日本ニュース時事能力検定協会が公式サイトに特別に公開しています。

https://www.newskentei.jp/question.php