【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために

大村智ものがたり 苦しい道こそ楽しい人生

微生物の中から2億人を救う発見をした化学者の半生。
子どもから大人まで幅広い世代の心に響く感動のストーリー!

本書の目次

第1章 「自然が友達」の子ども時代
第2章 人との出会いで道がひらける
第3章 「人の役に立つ仕事をしよう! 」
第4章 ついに発見! 2億人を救う化学物質

著者プロフィール

馬場 錬成(ばば・れんせい)

1940年東京都生まれ。東京理科大学理学部を卒業後、読売新聞社に入社。編集局。社会部、科学部、解説部を経て論説委員となる。2000年に読売新聞社を退社。現在は、特定非営利活動法人21世紀構想研究会理事長、科学技術振興機構(JST)中国総合研究交流センター上席フェロー、全国学校給食甲子園大会実行副委員長。近著に『大村智 2億人を病魔から守った化学者』(中央公論新社)、『青年よ理学をめざせ ~東京理科大学物語~』(東京書籍)、『「スイカ」の原理を創った男 特許をめぐる松下昭の闘いの軌跡』(日本評論社)、『知財立国が危ない』(日本経済新聞社、荒井寿光と共著)など多数。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。