注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs

ハチ公の飼い主 上野先生

かいゆうめいあきいぬのハチですが、がいられていないのがぬしのことです。いったいどのような人物じんぶつだったのでしょうか。(「Newsがわかる2024年1月号」より)

ぬし東大とうだい先生せんせい

 ハチがかえりをちわびていたさいしょぬしは、いまとうきょうだいがくとうだいのうがくきょうじゅだったうえひでさぶろう博士はかせでした。「ハチこうぶんけんしゅう」などによれば、うえ博士はかせだいいぬき。からだよわいハチをぶんのベッドのしたかせるなど、あいじょうそそいでいました。

 とう博士はかせしょくのうがくがあったこまぐろ)へは、たくからあるいてかよ博士はかせきそい、しゅっちょうときなどはしぶえきまでおくむかえしていたそうです。ところが、うえ博士はかせは1925ねんがつがくないたおきゅううえ博士はかせとハチがいっしょらしたのは、わずか1ねん4カげつでした。

東京都文京区の東大弥生キャンパスに建つ上野英三郎博士に飛びつくハチを再現した銅像。ハチの没後80年にあたる2015年に東大の教授有志らによって建てられた=東大本部広報課提供

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。