AUTHOR

watanabe-ko

  • 2022年1月14日

ごはんのお手伝いの前に、お買い物【良家の子育て】

自宅のキッチンに食材が届くまでの経路や働く人のご苦労も、子どもにしっかりと伝えたいですね。スーパーや「八百屋さん」「お魚屋さん」「お肉屋さん」で並んでいる食材や、そこで働いている人たちの様子を見ることも大切です。もちろん季節により入れ替わっていく果物や野菜、魚などの種類も理解していけるので、幼い頃か […]

  • 2022年1月11日

人のせいにしない【良家の子育て】

 間違いや失敗を認めることが苦手な子がいます。人のせいにすると自分が楽になるのでしょう。「だって○○くんはまだしてるし」「でも○○ちゃんが先にやったから」 など、人のせいにして逃げの姿勢に回ってしまうのです。  しかしこれを放っておくと、正しい行動ができない子となってしまいます。後々決して得をしませ […]

  • 2022年1月4日

話を聞くときは顔・目を見る【良家の子育て】

   「お話ししている人の顔を見なさい」「目を見なさい」とはほとんどの方が口にしたことがあるでしょう。まっすぐに相手を見て話を聞ける子は、素直さ、真面目さが表れ、印象も格段にアップします。また、話の理解度も高まります。 反対に、目が泳いでしまう子、まったく別のものをじーっと見てしまう子は、相手に与え […]

  • 2021年12月30日

国土の4分の3を占めるのは【ニュース検定「入門編」】

 日本は海に囲まれ、山や森が多い島国です。国土の約4分の3は山地(丘陵を含む)で、残る約4分の1の平地に人口や産業が集まっています。  平地のうち、標高が低く海に面した平野には、稲作(米づくり)地帯が多いです。代表例は庄内平野、山形県などです。  山からわき出す川は外国と比べて短く、流れが急です。南 […]

  • 2021年12月28日

「ごちそうさま」のお皿もきれいですか?【良家の子育て】

   食べている途中のお皿のお話はしましたが、食べ終わった後のお皿の状態はさらに大切です。魚の尾や骨、お野菜のヘタ、串や楊枝のように食べられないものなど、残ったものはお皿の隅にひとまとめにできると、見栄えが悪くなりません。その料理に携わってくださったすべての人たちや神様に「ごちそうさま」と告げるにふ […]

  • 2021年12月24日

本物を使う【良家の子育て】

   本物とは高価なものだけを意味するわけではありません。リーズナブルであっても良いもの、美しいものを見る、触れる、扱うということは、子どもの敏感な感性を刺激し、磨くことにつながります。