【ニュースがわかる2024年8月号】巻頭特集はテーマから探す! ミラクル自由研究
CATEGORY

知識

  • 2024年1月25日

イスラエル 人質を誤射殺
ガザ北部3人 白旗を攻撃

イスラエル軍は12月15日、パレスチナ自治区ガザ地区北部のシュジャイヤで、イスラム組織ハマスに拘束されていたイスラエル人の人質の男性3人を誤って殺害したと発表しました。ハマスの戦闘員と間違えたとみられます。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月25日

ことわざ検定に挑戦!(2024/1/25)

似ていることわざを選ぶ、「似たもの選択」に挑戦! 【問題】次のことわざと同義のことわざを選びなさい。(難問:第35回3級より) 「頭禿げても浮気はやまぬ」 (ア)過ぎたるはなお及ばざるが如し(イ)三つ子の魂百まで(ウ)看板に偽りなし 正解は次ページへ

  • 2024年1月24日

AIへの期待と心配|AIで変わるコンビニ

仕事や働き方を変えようとしているのはコンビニ業界だけではありません。多くの職場で、AIによる人手不足への対応や経営のムダを省くことに期待が高まっています。一方でAI技術の急速な進歩に対する心配も広がっており、安全、適切に使うルールづくりが国際的に行われています。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月24日

使い捨てカイロ 温かくなるのはなぜ?【疑問氷解】

寒い時期に欠かせない「使い捨てカイロ」。袋を開ける前は特に温かくないのに、開けると温かくなるのはとても不思議です。どのような原理で温かくなるのでしょうか。 使い捨てカイロの中身には、温かくするためにいろいろなものが入っています。何が入っているのか、どのような原理で温かくなるのか、そして寒さが厳しくなってきた今の時期、どのように使えば効率的に体が温まるのかを使い捨てカイロを製造、販売する桐灰化学株式会社の担当者に聞きました。

  • 2024年1月23日

ローソンのAI活用法|AIで変わるコンビニ

コンビニ大手のローソンは値引きにAIを活用します。同社発注DX推進部の安宅貴弘さんに教えてもらいました。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月22日

AIで変わるコンビニ

コンビニエンスストア(コンビニ)は食べ物や日用品など必要なものが手軽にそろう便利なお店ですよね。そんなコンビニが今、大きく変わりつつあります。急速に技術が進歩しているAI(人工知能)を活用した店が増えているのです。AIとはどのような技術で、どんな変化が起きているのでしょう。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月20日

ことわざ検定に挑戦!(2024/1/20)

正しいことわざにしよう「ことわざの後半は?」に挑戦! 【問題】 正しいことわざになるように、ことわざの後半部分をひらがなで答えなさい。(第35回5級より) 「三尺下がって」 正解は次ページへ

  • 2024年1月20日

賛否分かれる「水道民営化」 「ニュース検定」がわかりやすく解説

過疎地域におけるインフラ維持をめぐっては、水道事業にも注目が集まっています。水道設備は高度経済成長期に導入された例が多く、老朽化が進んでいるのです。しかし、人口減少や節水の浸透で水道事業の収益環境は悪化しており、設備更新に必要な費用を捻出するのは容易ではありません。

  • 2024年1月17日

蒙古斑はどうしてある?【疑問氷解】

蒙古斑は日本人をはじめアジアの黄色人種(モンゴロイド)によく見られることから、この名前があります。生後すぐに現れますが、大半は成人するまでに消えてしまいます。