【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために
TAG

AI

  • 2024年1月24日

AIへの期待と心配|AIで変わるコンビニ

仕事や働き方を変えようとしているのはコンビニ業界だけではありません。多くの職場で、AIによる人手不足への対応や経営のムダを省くことに期待が高まっています。一方でAI技術の急速な進歩に対する心配も広がっており、安全、適切に使うルールづくりが国際的に行われています。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月23日

ローソンのAI活用法|AIで変わるコンビニ

コンビニ大手のローソンは値引きにAIを活用します。同社発注DX推進部の安宅貴弘さんに教えてもらいました。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月22日

AIで変わるコンビニ

コンビニエンスストア(コンビニ)は食べ物や日用品など必要なものが手軽にそろう便利なお店ですよね。そんなコンビニが今、大きく変わりつつあります。急速に技術が進歩しているAI(人工知能)を活用した店が増えているのです。AIとはどのような技術で、どんな変化が起きているのでしょう。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月5日

ニュースがわかる2024年2月号

<巻頭特集>AIで変わるコンビニAI(人工知能)を生かした無人コンビニが広まっています。人手不足が社会問題となる中、お客さんが自らレジで決済して買い物が終わるなら便利ですし、店員さんの数も最小限で済みそうです。ほかにも売り場で進むAI活用の最前線を探り

  • 2024年1月5日

進む「AI」!これからどう変わる?

開幕まで1年半を切った2025年大阪・関西万博。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、世界のあらゆる人が生き生きと輝ける社会の実現をめざしています。実はそれ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)にも通じること。会場では、新エネルギーや次世代通信に関する展示のほか、「人と共存するロボット」「空飛ぶクルマ」などに出合えそうです。

  • 2023年12月19日

万博が示す未来|もっと知りたい! 万博×SDGs

2025年大阪・関西万博が開らかれるまで1年半を切りました。19世紀に始まった万博は“未来社会の実験場”とよばれ、これまでたくさんの新技術を紹介してきました。来たる大阪・関西万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に役立つことをめざしています。(「Newsがわかる2024年1月号」より)

  • 2023年6月6日

利用者が急増「チャットGPT」

アメリカのベンチャー企業「オープンAI」が開発した対話型のAI(人工知能)「チャットGPT」の利用者が増えています。昨年11月の公開から2カ月で1億人を突破。企業や自治体に活用を探る動きがある一方、いくつもの課題が指摘され、利用を一時禁止した国もあります。どんなものなのでしょう。(「Newsがわかる2023年6月号」より)

  • 2022年7月20日

ブックガイド「生命知能と人工知能」

毎日ニュースに触れている人は「人工知能(AI)」の単語はお馴染みでしょう。ですが、「生命知能」を聞いたことがある人はほぼいないはずです。これからAIでできることがどんどん増えるなかで、「生命知能」は社会を生きていく上で欠かせない力になるかもしれません。 自分の脳を育てる方法がある!?  大学工学部で […]