注目キーワード
  1. 中学受験
  2. 社会
  3. イベント
  4. SDGs
AUTHOR

shirotori-t

  • 2024年2月7日

立川志の春の「落語で英語」第23回

落語の題名からは、“物騒な噺”を思い浮かべませんか。でも実は、ここに登場する泥棒は、悪人ではないようです。題名のつけ方も、さすが落語ならではのシャレが利いています。(「Newsがわかる2023年8月号」より)

  • 2024年2月5日

日本の海に墜落のオスプレイ アメリカ軍が全機を飛行停止

アメリカ空軍の輸送用飛行機CV22オスプレイが11月29日に鹿児島県・屋久島沖で墜落し、乗っていたアメリカ兵8人全員が亡くなりました。事故を受け、アメリカ軍は12月6日、すべてのオスプレイの飛行を取りやめると発表しました。機体に何らかの問題が見つかった可能性があります。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年2月2日

COP28 気候変動対策 化石燃料のない世界は遠く

およそ200カ国・地域が気候変動への対策を話し合う、国連の気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)が12月13日まで、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれました。地球温暖化につながる化石燃料の使用が最大の焦点でしたが、意見がなかなか一致せず、「この10年で化石燃料からの脱却を加速させる」ことで合意しました。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年2月1日

2024年首都圏中学入試 人気継続で高まる安全志向 【エキスパート座談会】

少子化が進む一方、中学受験率は右肩上がりだ。特に首都圏では都心部の受験生が増えており、2024年も厳しい入試が続きそうだ。その結果、志望校選びで安全志向が高まっているという。そこで、安田教育研究所代表の安田理さん、サピックス教育情報センター本部長の広野雅明さん、市進学院学校情報室の野澤勝彦さん、四谷大塚情報本部長の岩崎隆義さん、日能研本部ディレクター・『進学レーダー』編集長の井上修さん――の5人の専門家に話を聞いた。(「サンデー毎日12月31日-1月7日号」より)

  • 2024年2月1日

未来の仕事図鑑 ラインマン

「DELISH KITCHEN」は「誰でも簡単においしく作れる料理」のレシピを配信する動画メディア。フードコーディネーターの中田夏奈さんは、レシピ開発とその撮影に取り組んでいます。(「Newsがわかる2024年1月号」より)

  • 2024年1月31日

角野栄子さんが案内する わくわくの魔法の文学館

「魔女の宅急便」の作者として知られる児童文学作家、角野栄子さんの世界を表現した「魔法の文学館」が11月3日、東京都江戸川区のなぎさ公園内にオープン。館長を務める角野さんに、この文学館の魅力を聞きました。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月30日

安倍派に強まる裏金疑惑 大臣らいっせいに辞任

自民党で、派閥が裏金づくりをしていた疑いが浮上した問題を受け、大臣や官房長官といった政府の主要なポストにつく議員がいっせいに交代・辞任することになりました。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月29日

政治資金ごまかして裏金に? 自民派閥パーティー券収入で

国の政治の中心をになう自民党で、派閥(国会議員のグループ)が裏金づくりをしていた疑いが浮上し、捜査のメスが入りました。裏金とは、見えないところでやり取りされて、使い道が確認できないお金のこと。議員は政治活動にかかわるお金の流れを国などに報告し、公開することが法律で定められていますが、それをないがしろにして不正を働いた疑いがあります。(「Newsがわかる2024年2月号」より)

  • 2024年1月26日

ウクライナ支援継続の危機
プーチン大統領は作戦続ける意向

アメリカのバイデン大統領は12月12日、ロシアの侵攻が続くウクライナのゼレンスキー大統領とワシントンのホワイトハウスで会談し、「揺るぎない支援」を約束しました。しかし、支援を続けるための緊急予算案は、野党・共和党の一部の反対で成立のめどがつきませんでした。(「Newsがわかる2024年2月号」より)