【ニュースがわかる2024年6月号】巻頭特集は地震大国ニッポン 被害を減らすために
TAG

原子力発電所

  • 2023年10月26日

国がやりたい「リサイクル」課題うずたかく

原発を動かせばごみは出続けます。ごみを処分するめどが立たないため、原発は“トイレのないマンション”に例えられるほど。国はこの問題をどうするつもりなのでしょう。国が目指しているのはごみのリサイクルです。これは「核燃料サイクル」と呼ばれています。(「Newsがわかる2023年11月号」より)

  • 2023年10月25日

いちからわかる原発の”ごみ”

原子力発電所(原発)を動かすことで出る“ごみ”の行き場がニュースになっています。「中間貯蔵施設」や「最終処分場」「使用ずみ核燃料」といった言葉がニュースには登場しますが、何が問題になっているのでしょう。原発のごみをめぐる話題をいちから解説します。(「Newsがわかる2023年11月号」より)

  • 2023年8月14日

福島第1原発事故処理水放出計画
IAEA「国際基準合致」の報告書

東京電力福島第1原子力発電所の処理水を海に放出する計画をめぐり、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は7月4日、計画が国際的な安全基準に合致しているとした報告書を公表しました。(「Newsがわかる2023年9月号」より) #原発 #原子力発電所 #汚染水 #福島県 #IAEA #東京電力 #東電

  • 2023年1月24日

東日本大震災 福島第1原発の処理水 海洋放出へ

東京電力福島第1原発では、事故で拡散した放射性物質を含む汚染水の処理が続いています。放射性物質の濃度を下げた大量の処理水をためるタンクは満杯に近づいており、今年春ごろをめどに、海に流し始める準備が進んでいます。(「月刊Newsがわかる2月号」より)

  • 2023年1月23日

東日本大震災 福島第1原発の今

2011年3月11日、国内観測史上最大のマグニチュード(M)9.0を記録した東日本大震災が発生しました。地震による大津波で、東京電力福島第1原子力発電所(福島県双葉町、大熊町)では大量の放射性物質が拡散する深刻な事故が起きました。あれから11年10カ月。現場では何が起き、今どうなっているのでしょう。取材に行ってきました。(「月刊Newsがわかる2月号」より)