子供の科学 2021年9月号

  • 2021年8月10日
  • 未分類
子供の科学 2021年9月号

★特集 信号も渋滞もない道を走る!! 空飛ぶ未来の乗り物
「鳥のように空を飛びたい」。
これは古くからの人類の夢です。
これまでいろいろな人たちが、この夢を追いかけてきましたが、2021年の今、空飛ぶ乗り物はどこまで進化しているのでしょうか?
この特集では、空飛ぶ乗り物の代表格である飛行機にはじまり、空飛ぶクルマの最新情報、無人航空機ドローンの注目の研究をお届け。
あの“超人気アニメ”に登場する乗り物も!?

●とじ込み付録 二宮康明先生のよく飛ぶ紙飛行機
多くのファンに惜しまれつつ、49年間続いた連載に幕を閉じた最終回から5年、二宮康明先生の紙飛行機付録が1号限りの限定復活!!
「空飛ぶ未来の乗り物」特集に合わせ、飛行機が飛ぶしくみがわかるよう「基本的な競技用機」を収録しました。
つくり方や飛ばし方の基本を解説したページも掲載しているので、はじめての子にもオススメです。

●13年ぶりの募集に期待! めざせ“新”宇宙飛行士
今年の秋、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が新しい宇宙飛行士の募集を開始します。
前回の募集から、実に13年ぶりのこと。
なぜ今、新しい宇宙飛行士を募集するのか?
どのような人材が求められているのか?
JAXAで募集や選抜などのプロジェクトに携わる川崎一義さんにお話を聞きました。

●世界を変えた科学と実験 真夏でも雪結晶を観察! 中谷宇吉郎の人工雪実験
暑い日が続く今にピッタリの「つめた~い実験」をご紹介。
きれいな形で知られる「雪の結晶」ですが、空気中の水蒸気を結晶させれば、夏でも見ることができます。
巨大な冷蔵装置などを使わなくても、ペットボトルや100円グッズを駆使して、おうちでできる雪の結晶の実験&観察にチャレンジしてみましょう。
自由研究にもオススメです。

●学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術 ペットボトル製太陽熱蒸留装置で飲み水をつくろう!
生きる技術の中で、「火の確保」と同じように重要なのが「水の確保」です。
今回は、身近なペットボトルで「太陽熱」を利用した「蒸留装置」をつくり、海水や川の水、泥水からでも「飲料水」を確保する方法をご紹介します。

●おもしろ工作開発現場 コドモノカガク研究所 本物そっくり! ヘラクレスオオカブト
「カブトムシの王様」と呼ばれ、世界で最も体長が大きいカブトムシとして知られるヘラクレスオオカブト。
今回は、そんなヘラクレスオオカブトにそっくりのペーパークラフトをつくります。
繊細な脚やゴツゴツした胴体部分など、今にも動き出しそうな細部に注目です。

子供の科学 2021年9月号

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。