子供の科学 2021年4月号

  • 2021年3月10日
  • 未分類
子供の科学 2021年4月号

★特集 少数精鋭でつくられたゲームの舞台裏に迫る ゲームクリエイター最前線
おうちにいることが増え、ゲームに接する機会が増えている人も多いはず。
実はいま、小・中学生の“なりたい職業”として「ゲームクリエイター」が人気急上昇中。
特に、少人数・低予算でつくられる「インディーゲーム」と、そのクリエイターに世界的な注目が集まっています。
そこで、人気クリエイターの方々にお話を聞き、ゲームの魅力と制作背景を取材しました。
「リアルすぎる稲作」で大きな話題を呼んだ 『天穂のサクナヒメ』、カップ頭の兄弟が活躍する横スクロールの王道アクションゲーム『Cuphead』、モンスターが棲む地底世界を冒険するRPG『UNDERTALE』など、話題のゲームが続々登場!
ゲームを「遊ぶ」だけでなく、「つくる」とはどういうことなのかを考えていきましょう。

●大地のハンターが大集合!! 知られざる捕食動物の正体
テレビの動物番組などを見ていると、ライオンやチーターといった肉食動物が、トムソンガゼルなどの草食動物を捕らえて食べている様子が紹介されることがあります。
一見、残酷なようにも見えますが、他の動物を捕らえて食べる行為は本当に残酷なのでしょうか?
そこで、哺乳類に詳しい国立科学博物館・動物研究部の川田伸一郎先生に、捕食動物の真の姿についてお話を聞いてみました。

●学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術 ロープワークでつくる三脚ベンチ・ハンモック
森や山林の中で暮らすためのさまざまな技術を「ウッドクラフト」といいます。
現代のように、いろいろな道具が売られていなかった昔のキャンプでは、道具の多くは手づくりするしかありませんでした。
そして、ウッドクラフトの技術、中でもロープワークが大いに活用されました。
今回は、そのロープワークを駆使して、ハンモックにもなるおもしろいベンチをつくります。
災害時、生活するための道具がなくなってしまったときにも役立ちます。

●おもしろ工作開発現場 コドモノカガク製作所 起こすと動き出す ゆらゆら招き猫
寝ているときはじっとしているけど、起こすとゆらゆらと動き出す「招き猫」のかわいい工作をご紹介。
招き猫を動かすのは、輪ゴムで回転する電池のおもり。
電池が回り出すと、遠心力で招き猫が動きます。
「ゆらゆら、ふらふら」の動きを楽しみましょう。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。