子供の科学 2020年4月号

  • 2020年3月10日
  • 未分類
子供の科学 2020年4月号

★特集 未来をつくろう! チャレンジ! AIプログラミング
「人工知能」(AI)と聞いたとき、みなさんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
何かスゴイものだけれど遠い存在でしょうか?
実は、すでにAIはとても身近なところで使われています。
例えば、スマートフォンの中にもたくさんのAIが使われているのです。
そこで今回は、AI技術の最前線で活躍する「Google」のエンジニアに直撃取材!
「AIがどう使われているのか」を教えてもらいました。
さらに、特集の後半には実践編を収録!
AIの一種「機械学習」を使った「Scratch」のゲームを実際につくり、AIを使う体験ができます。

●世界一過酷な極限レースに挑戦 アドベンチャーランナーに迫る!
みなさんは「アドベンチャーマラソン」って知っていますか?
地球上の超厳しい環境を何百kmも走るもので、“世界一過酷なレース”といわれているものです。
そんなサバイバルレースに挑戦し、日本人で初めて7大陸を制覇したアドベンチャーランナーが北田雄夫さんです。
昨年秋にサハラ砂漠1000kmを走破したばかりの北田さんに、想像もつかないようなスゴいお話を聞かせてもらいました。

●obnizでつくろうスマートホーム 傘を写すと今日の天気がわかる!
obnizには、知りたい場所の天気がわかる機能や、カメラで写したものを見分ける機能がついています。
今回はそれらの機能を組み合わせて、スマートフォンのカメラに傘を写すと、LEDの色で天気がわかる装置をつくってみましょう。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。