子供の科学 2020年1月号

  • 2019年12月10日
  • 未分類
子供の科学 2020年1月号

★特集 国内外のおもしろかわいい種類を大紹介 ネズミがわかれば哺乳類のヒミツがわかる!? ネズミ研究最前線
2020年は干支のスタートとなる「子年」。
この子年にちなんで、世界と日本のネズミが大集合!
ネズミは哺乳類全種の約3割を占め、“最も繁栄している哺乳類”ともいわれるほど。
ネズミの分布や進化の過程を知れば、他の哺乳類のヒミツがわかると考えられています。
ネズミの基本をおさえて、奥深いネズミ研究の世界を見てみましょう!

●奇想天外アーティスト 明和電機の発想術
青い作業服を身にまとい、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで活動を行うアーティスト「明和電機」。
一見何の役に立つかわからないマシーンをつくり、展覧会、ライブ、おもちゃ製作などを精力的に行う彼らですが、その発想の源とは?
大ヒット作品「オタマトーン」を中心に、名作の数々と、ものづくりに役立つ発想術を紹介します。

●obnizでつくろうスマートホーム! いすに座るとバースデーソングが流れだす!
今度の日曜日は、仲のいい友達の誕生日会。
そんなとき、座るとバースデーソングが流れるいすがあったら、きっとみんなを驚かせることができますよね。
今回はobnizで、そんなしくみをつくってみます。

●新連載 なんでもコントローラー 「KeyTouch」でつくってあそぼう
キータッチは、未来工作ゼミとFabLab長野が開発した、何でもコントローラーにしちゃう発明ツールで、使い方はとってもかんたん。
右のキータッチの基板をパソコンにつなぎ、好きなものとワニ口クリップではさんでつなぐ。
すると、つないだものをパソコン上のプログラムで、コントロールできるのです。
例えば、スクラッチでつくったゲームを、キータッチにつないだ自作コントローラーで操作することができます。
今回は身近にあるものを楽器にしてあそぶ方法を紹介します。

こちらの閲覧にはプレミアム会員へのご登録が必要となります。


プレミアム会員登録がお済みの方は、いったんログアウトをしていただき、Fujisan.co.jpにてお申込み頂いたアカウントにて再度ログインをお願いします。