「おかたづけ」をしてから帰る【良家の子育て】

 お友だちの家でおもちゃをお借りし、遊ばせてもらったら、全部片づけをしてから帰るのはあたりまえのこと。自宅でもお出かけ前や、食事の前、寝る前などに実行していれば、自然と出来るはずです。

 「あらやだ! もうこんな時間! すぐ失礼するわね」と、散らかしたままバタバタ去る……なんていうことのないよう、一緒にいる親が片づけに要する時間を考えてから、お暇(いとま)を告げるようにしてください。

(諏内えみ著『良家の子育て』第6章「およばれ・訪問」より) 

次回は2月25日配信予定です

  

 書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

「育ちがいい子」「品がいい子」はいったい何が違うのか? 具体的にお父さま、お母さまは何をしたらいいのか? どんな言葉をかけると伝わりやすいのか?

 本書では、「育ちがいい子」のふるまいやマナーを身につけるコツを名門小学校などのお受験指導のプロが初めて公開しています。本サイトの電子書籍にもラインアップされています。

著者:諏内えみ

「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室」代表。皇室や政財界を始めとするVIPアテンダント指導などを経て、スクールを設立。豊富な経験に基づき、本物のふるまいや会話、上質なマナーの指導を行う。

本書のほか、ベストセラー『「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一美しいふるまいとマナー』(高橋書店)、『一流女性のあたりまえ』(扶桑社)など著書多数。最新刊は『もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)。