話を聞くときは顔・目を見る【良家の子育て】

 

 「お話ししている人の顔を見なさい」「目を見なさい」とはほとんどの方が口にしたことがあるでしょう。まっすぐに相手を見て話を聞ける子は、素直さ、真面目さが表れ、印象も格段にアップします。また、話の理解度も高まります。

反対に、目が泳いでしまう子、まったく別のものをじーっと見てしまう子は、相手に与える印象が残念なことはもちろん、やはり話の内容も理解できていないケースがほとんどなのです。相手の目を見ることは、コミュニケーションの基本になりますので、しっかりと教えたい作法です。

 (諏内えみ著『良家の子育て』第2章「所作・ふるまい」より)

次回は1月日配信予定です

  

 書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

「育ちのいい子」「品がいい子」はいったい何が違うのか? 具体的にお父さま、お母さまは何をしたらいいのか? どんな言葉をかけると伝わりやすいのか?

 本書では、「育ちがいい子」のふるまいやマナーを身につけるコツを名門小学校などのお受験指導のプロが初めて公開しています。本サイトの電子書籍にもラインアップされています。

著者:諏内えみ

「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室」代表。皇室や政財界を始めとするVIPアテンダント指導などを経て、スクールを設立。豊富な経験に基づき、本物のふるまいや会話、上質なマナーの指導を行う。

本書のほか、ベストセラー『「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一美しいふるまいとマナー』(高橋書店)、『一流女性のあたりまえ』(扶桑社)など著書多数。最新刊は『もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)。