切符、交通系カードは渡さない【良家の子育て】

 子どもは駅の改札で切符を入れたがったり、交通系カードをピッ!とタッチしたがったりするものです。親が周りを見ずに、無条件でこれを許していませんか?

 このような親子の後ろについて困ったご経験、皆さんも一度はあることでしょう。急いでいるときの子ども本位の行為は他人にとっては大迷惑となります。改札口の前で「やりたい! やりたい!」と言う子どもに切符を手渡し、うまく入らないため何度か繰り返す、落としてしまう……。

 改札口でのほんの何秒かの差で目的の電車に乗り遅れることもあります。ここでの数秒があなたの後ろにいる方にとって貴重な時間となることを常に意識してください。

 もし、子どもに経験させたいのであれば、後ろに人がいないかしっかり確認してから。いたら渡さない。こんな毅然とした態度をぜひ親として見せていきたいものです。

  (『良家の子育て』第5章「お出かけ・公共の場でのふるまい」より) 

次回は11月4日配信予定です

 書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

「育ちがいい子」「品がいい子」はいったい何が違うのか? 具体的にお父さま、お母さまは何をしたらいいのか? どんな言葉をかけると伝わりやすいのか?

 本書では、「育ちがいい子」のふるまいやマナーを身につけるコツを名門小学校などのお受験指導のプロが初めて公開しています。本サイトの電子書籍にもラインアップされています。

著者:諏内えみ

「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室」代表。皇室や政財界を始めとするVIPアテンダント指導などを経て、スクールを設立。豊富な経験に基づき、本物のふるまいや会話、上質なマナーの指導を行う。

本書のほか、『「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)や『もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)のベストセラーをはじめ、『世界一美しいふるまいとマナー』(高橋書店)、『一流女性のあたりまえ』(扶桑社)など著書多数。最新刊は『大人の若見せを叶えるしぐさとふるまい 一瞬で見た目が下がるアンチエイジング・メソッド』(大和書房)、『ディズニープリンセス 幸せをつかむマナー』(諏内えみ・監修、KADOKAWA)。