お礼のお手紙・絵を送る【良家の子育て】

 心からおもてなしくださった方や、普段あまりお会いできない方と久しぶりにお目にかかれたときには、帰宅後に、お礼状を書く習慣をつけさせたいですね。

 たとえ「ありがとう」のひと言であっても、わざわざ手紙にして送ってくれたというその気持ちがうれしいもの。おじいさまやおばあさまでしたらなおさらでしょう!

 まだ文字が書けないお子さんなら、もちろん絵だけでも構いません。一緒に遊んでもらって楽しかったことや、いただいたお料理、おやつの絵を描いてもいいですし、相手の方のお顔を描いてお送りしてもうれしい気持ちが伝わり、きっと喜んでくださることでしょう。

 郵送でもメール添付や SNS でも、普段やり取りしている媒体で送ってみてください。できれば、当日や翌日など、お礼の気持ちは早めに伝えましょう。

  (『良家の子育て』第6章「およばれ・訪問」より) 

次回は9月9日配信予定です

 書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

「育ちがいい子」「品がいい子」はいったい何が違うのか? 具体的にお父さま、お母さまは何をしたらいいのか? どんな言葉をかけると伝わりやすいのか?

 本書では、「育ちがいい子」のふるまいやマナーを身につけるコツを名門小学校などのお受験指導のプロが初めて公開しています。本サイトの電子書籍にもラインアップされています。

著者:諏内えみ

「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室」代表。皇室や政財界を始めとするVIPアテンダント指導などを経て、スクールを設立。豊富な経験に基づき、本物のふるまいや会話、上質なマナーの指導を行う。

本書のほか、ベストセラー『「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一美しいふるまいとマナー』(高橋書店)、『一流女性のあたりまえ』(扶桑社)など著書多数。最新刊は『もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)。