四季+梅雨を五感で知る【良家の子育て】

 「『春』と聞いて思い出すものは?」

 私の質問にまったく答えられない子、逆に「さくら、お花見、入学式、チューリップ、なのはな、すみれ、おひなさま……」などと、10個以上ポンポン出てくる、そんな生徒さんもいます。知識として覚えるだけでなく、四季の移り変わりを、目で見えるものはもちろん、音や香り、肌などで感じられると、お子さんの感性、そして日々の生活も必ず豊かになります。

 日本には梅雨がありますから、できれば、春夏秋冬と梅雨、この4+1の季節の違いと美しさも子供なりに感じてもらいたいですね。

 「うちの子にはまだちょっと難しいかな?」と思われるかもしれませんが、立春、立夏、立秋、立冬をはじめ、春分、夏至、秋分、冬至、大寒、啓蟄などの二十四節気も、大人の会話から何気なく目にするだけで、子どもは意外と覚えているものです。親から子どもにかんたんな説明をしてあげるとなおよいでしょう。そして、冬至にはカボチャをいただいて柚子湯に入って……など、季節の行事食や習わしについても、子どもたちに伝えてあげていってほしいと思います。

     (『良家の子育て』第8章「感性を育む体験と教養」より) 

次回は5月20日配信予定です

  

 書影をクリックすると本の通販サイト
「Amazon」のサイトにジャンプします

「育ちがいい子」「品がいい子」はいったい何が違うのか? 具体的にお父さま、お母さまは何をしたらいいのか? どんな言葉をかけると伝わりやすいのか?

 本書では、「育ちがいい子」のふるまいやマナーを身につけるコツを名門小学校などのお受験指導のプロが初めて公開しています。本サイトの電子書籍にもラインアップされています。

著者:諏内えみ

「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室」代表。皇室や政財界を始めとするVIPアテンダント指導などを経て、スクールを設立。豊富な経験に基づき、本物のふるまいや会話、上質なマナーの指導を行う。

本書のほか、ベストセラー『「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一美しいふるまいとマナー』(高橋書店)、『一流女性のあたりまえ』(扶桑社)など著書多数。最新刊は『もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること』(ダイヤモンド社)。